YinYang Blog

ヨガウェアブランドYinYangの公式ブログ。バリと京都の現場から、ヨガとヨガウェアにまつわる最新情報をお届けします。

バリ便りvol,8<3,4月記憶の旅>

 

スラマットシアン

すっかり雨季は終わりドライシーズンへ向かうバリ島からゆーやんです。

日中の日差しは強くて暑いのですが木陰は涼しく海水温度も下がってきて久しぶりにサーフィンをすると水が冷たかった。

日本が夏へと向かう頃、バリ島ではビキニサーフィンは寒い季節になります。

 

 

<3月のバリはお正月>

 

随分時間が経ってしまいましたが3月はバリ島のお正月ニュピでした。

丸一日外出禁止、電気を使いません。インターネットやTVも止まります。空港も閉鎖となり離発着禁止。

今年は家族水入らずで自宅で過ごしバリ島の年明けを静かに迎えました。

ニュピの前日はオゴオゴと言う悪霊に見立てた張りぼてを作って町中を練り歩きます。

オゴオゴとニュピは1年の終わりと始まりという大切な行事です。

毎年3月頃の新月のバリヒンドゥ教のサカ暦に行われます。

とても神聖な空気が流れる日。電気のない島での新月の夜空は満天の星です。

毎年この日を無事に迎えられる事がバリ生活での喜びでもあります

 

 

<バリフェスとリトリートとTTC>

 

マッスンのリトリート&TTCの即売会やバリスピリットフェスティバル出店などなどお祭り騒ぎになる3月。

 

 

磯部佳代子先生のリトリートにもお邪魔させて頂き新しい出会いもありました。

 

 

ヨガとYinYangで繋がるご縁はいつもハッピーラッキー!

バリでの即売会は特別な機会です。

女子はお買い物が大好き!YinYangウェアを手に取りながらキラキラしてくれるのが嬉しくてワイワイ沢山話しながらの即売会の雰囲気が大好きです。

バリフェスではすーちゃんもバリ入りしていたので3年ぶりの看板娘。

 

 

音楽とダンスとヨガで世界が繋がるこのイベントは毎回大盛り上がりです。

この時期にヨガの旅へ来られるのはとてもオススメです。

世界中のヨギーニと出会えたり、海外のヨガファッションも独特なので刺激になります。

 

 

 

Tamaoさんとバリフェス

 

<Team YinYang原点に戻るバリ紀行>

 

 

プールの中でもミーティング

 

そしてこの時期に、モデルのマーヤもブログで綴ってくれいた『YinYangの原点に戻る旅』にてバリへ来てくれました。

陽子ちゃんとマーヤが揃ってバリ入りするのはなんと10年ぶり!

懐かしい感じがするのに、とてもフレッシュで愛の溢れる時間を過ごしました。

YinYangの原点であるバリ島は新しい企画やリニューアルの話を進めるにはインスピレーションに満ち溢れている場所だと改めて感じました。

それも1人ではなく同じ思いの仲間達と過ごす事でその感覚はさらに強まります。

スピリチュアルの島と呼ばれる根源は、バリ島に流れている純粋なエネルギーがそうさせているのだと思います。

マーヤと陽子ちゃんは家族と離れてYinYangへ集中出来る特別な時間を作って来てくれた。

ワーキングママは家族にありがとうと感謝の気持ちでいっぱいの毎日でした。

そして今回は大好きなホテルBamboo Indahにて撮影。

1日中ワクワクが止まらず話し込み、YinYang誕生12年を振り返り新たな気持ちで向き合うことが出来ました。

 

毎日沢山笑って沢山話し込んだ

 

Bamboo Indahの天然池のプール

 

カメラマンのヒサちゃんともYinYang当初からの長いお付き合いになる

 

バリニーズのリンちゃんとも長いお付き合い。YinYangになくてはならない存在

 

<帰国と引越しとリニューアル>

 

4月には事務所の引越しに合わせて帰国をして慌ただしい毎日でしたがチームプレイの素晴らしさでサクサクと仕事が進み充実の毎日を過ごさせてもらいました。

引越し業者さんが来る日、新メンバー華ちゃんが働いていたという新事務所の近くにある老舗のレストランA Tableへ行きました。

オーガニックな新鮮な食材のランチプレートは愛を感じる美味しさ

ご近所にこんな素敵なレストランがあるなんて幸先よろしい〜

 

 

新事務所は京都市内から南へ30分ほどの八幡市の松井山手という場所にあり、ここ数年注目されている高級住宅街と言われていて綺麗な街並みの中にあります。

京都駅からも直通のバスが通ってたりJR駅も近くにあり大阪へも京都へもアクセスしやすい便利な場所。

日当たり良好の明るい新事務所でリニューアルに向けてエネルギーを整えていきます!

少し空いた時間で鞍馬寺へも行けたり、新しいビジョンが明確になる事で急スピードで動き出したようです

 

 

このタイミングで鞍馬寺のエネルギーに触れられたことも何か大きな意味を感じます。

フレッシュなインスピレーションを形にし、2020年春夏コレクションよりリニューアルしたYinYangをお届けしたいと思います。

スタッフ一同ワクワクがとまりません。

皆様お楽しみに!!

 

追伸

 

陽子ちゃんとも12年のお付き合いになりお互いに笑いジワも増えた40代もすごく気に入っている

 

スタッフ日記 10:44 comments(0)

チャクラワークmasumi先生とバリ島プチトリップ

スラマットシアン

こんにちは。

随分ご無沙汰しています。

雨季真っ只中気温32度のバリ島からゆーやんです。

 

 

<年に何度か訪れる珍お正月>

 

2019年も気が付けば2月に入りバリ島ではチャイニーズニューイヤーを祝福するために街中真っ赤な提灯やお花で装飾され華やかな月間となります。

観光地という事もありホテルやレストレンも飾られていましたが、子供達の通う学校でも赤のドレスコードにてお祝いする事もあります。

そして3月にはバリヒンドゥ教のお正月ニュピが訪れます。

本当に様々な宗教や人種が融合され互いに認めあい受け入れているバリ島という島の文化は外国人の私からみているとおとぎ話や昔話をみているような世界で心打たれる事があります。

バリ島では主にチャイニーズニューイヤー、バリヒンドゥ教のお正月、イスラム教のお正月を祝います。

この3つは異なる宗教ですが共通点が一つだけあるんです。

それはお月様に関係していて、必ず新月が明ける時刻に新年が明けます。

西暦ではなく、それぞれの宗教のカレンダーに基づき毎年お正月が変化します。

細かな話になると書ききれないほどなので短縮しますが、自然の法則を活用しているため人間にとってしっくりくるはずです。

バリ島で暮らすと多様性、調和というものを感じまくる。もちろん同調もあります。特に宗教毎に同調がありながら、その中できちんと他者を受け入れ尊重し合える多様性を感じる。なので外国人無宗教の私でも嫌な思いをした事がなく心地良く生活させてもらってます。

もしも嫌な思いをする時は、自分の固定観念というものにぶつかります。この島での当たり前は日本で育って来た私にとっては当たり前ではないことに気づかされ固定観念をぶち壊してくれます。

多様性というものは誰が教えることでもなく、きっと元々この土地に流れているエネルギーなのではないかと思っています。

バリ島の七不思議の一つ。日常の中で宗教を大切にしそれぞれ尊重し合う人種の住む島で暮らすと本やメンターから教われない事を学べるような気がしています。

 

 

<ウブドに住むマスミ先生とバリ島内トリップ>

 

昨年の話になってしまうのですが、、、、

YinYnagバリフレンズのマスミ先生ことマッスン家族とクリスマスにアメッドヘ小旅行して来ました。

 

 

宿から見えるアグン山は存在感が凄い

 

 

丁度満月の日海から月が上がってきた

 

 

クリスマスイブ、満月、そしてガルンガン(バリのお盆)

 

 

旅中のヨガは欠かさないマッスン

 

その後年末年始はサヌールで一緒に新年を迎えたり濃いく良い時間を沢山共にしました。

マッスンは年の半分はウブドで暮らし、後の半分は日本で活動をしたり、旦那さんの故郷カナダで過ごしたり、その他の海外でリトリートを開催しています。

バリ島には12月〜5月頃滞在していて、ウブドではリトリートを数回とチャクラワークTTCを開催しています。その他の時間は家族との時間をゆっくり過ごしたり、世界各地の人の様々なWSに参加し日々学びを深めている姿をそばで見ていてとても信頼できるグルだなと感じます。インプットをし、それを取り入れ、自分の中で変容させ、そしてアウトプットをするプロフェッショナル。大尊敬の友達です。

まっすんから学んだ人は師匠としているかもしれませんが、私にとってのマッスンはマブダチ。

日本と離れて暮らしていると、心から話せるマブダチはありがたい存在です。

 

 

マッスンのウブドの自宅内のヨガレッスンにて

 

マッスンのスケジュール=https://chakrawork.jp

 

<マッスンとYinYangとチャクラワーク>

 

過去のブログでも取り上げてましたが、YinYang Yoga Wearとチャクラワークはとても相性が良いので愛用して頂いてます。

旅のお供にも、日常のヨガでも、普段にも。

今期販売のリバイバル商品バルーンスカートはゆったりとしたヨガやキルタンにピッタリです。体を動かしても足元でしっかり止まるので足を上げるポーズでもズレてきません。

キルタンで着てもらうとめちゃ気持ち良さそうで嬉しくなります。

 

 

 

バルーンパンツ=http://shop.yin-yang.jp/?pid=137716793

 

汗をかくほどハードなヨガにも順応できるレギンス。

YinYnagのボタニカルレギンスはオーガニックコットン90%、スパンデックス10%のしっかりとした生地なので伸縮性に優れていて履き心地が抜群。汗も吸収してくれるので気持ち良く動けます。

 

 

ボタニカルレギンスタイダイ=http://shop.yin-yang.jp/?pid=137716797

 

只今バリ島は日中32度で一年の中で一番暑い時期です。

ビーチを素足で歩けないくらい砂が熱いです。

そんな暑さでもやはりバリ島といえばヨガは盛んで、最近よく遊びにいくサヌール地区にも朝のビーチヨガやヨガスタジオも増えてきています。

今回2019年SSの撮影場所もサヌールのヨガスタジオPower of now oasisさんをお借りしました。

 

 

 

 

モデルさんはオアシスのインストラクターMenikさんに素晴らしいポーズを披露して頂きました。

ボタニカルレギンス=http://shop.yin-yang.jp/?pid=137716792

バストフィットタンク=http://shop.yin-yang.jp/?pid=137716787

 

 

牛を家族としているオーナーのクリスさんは気さくで冗談の好きなおじ様。

 

ビーチにあるヨガスタジオはとてもアットホームで居心地も抜群です。

是非サヌールへも足を運んでヨガを受けてみて下さい。

 

 

ヨガスタジオPower of now oasis=https://powerofnowoasis.com

 

 

 

 

 

 

スタッフ日記 14:11 comments(0)

蓼藍栽培とナチュラルライフVol.16 秋のイベントと野草茶作り

 

こんにちはSonokoです。師走がやってきました!京都は紅葉がとても美しく暖かな日が続いています。
11月は毎週様々なイベントへ出かけ、ヨガをしたりアロマクラフトWSをしたり学びの秋を満喫しました。その一部をご紹介します。

 

【Szimpatikus kyoto×Monk】


モデルのMaayaちゃんと妹でクリエイターのNinaちゃん主催のイベントが京都銀閣寺近くの哲学の道にある一軒家レストランで開催されました。かまどで薪を使って調理されるこだわりの食材がとても美味しいのです。
 


こちらではアロマクリーム作りのWSをさせていただきました。
 


たくさんの精油の中から3種類ぐらいを選び出してミツロウクリームに仕上げます。
美、リラックス、子供、風邪などのテーマがありましたが「美」を意識して作られる方が多くてMaayaちゃんのイベントに参加される方は美しさへの意識が高いなあと感じました。
 


ミツロウとオイルを湯煎でなじませているところ。
この後、フラワーウォーターを入れて撹拌しお気に入りの精油を入れてクリームに仕上げました。
 


哲学の道が見える明るいスタジオにキャンプコンロを運び込んで、アウトドアクッキングみたいで楽しい時間でした。
クリームを塗ったらお肌がしっとりして、手の乾燥がよくなったとか香りに癒されてうっとりしていますと嬉しいご感想をいただいています♡

 

【古民家マルシェ】


この土曜日にお借りしている自然農法の畑でマルシェが開催されました。
 


無肥料、無農薬のお野菜がたくさん並びお餅つきや、有機農法のいちごや石清水八幡宮の山の蜂蜜など近隣のこだわりの商品がたくさん並びました。この辺りは地元のお野菜の販売所も多く豊かな食生活が送れますが、このマルシェでは選りすぐりのものがたくさんありました。
 


みんなでヨガをしました。子供達も気持ち良さそうにニコニコ。
そして数十年ぶりにヨガをしたおばあさんが、また始めようかなとおっしゃっていて気持ち良さが伝わったのが嬉しく思いました♩このかたは今から45年以上も前にヨーガの団体を設立された(故)佐保田鶴治先生から習っていたそうです。
 


遠くから来てくれた小さなお客様を畑にご案内。ほうれん草や人参、小松菜、スイスチャード、などが元気に育っていました。小さなお客様は持っていた人参を振ってご機嫌でした。
子供も大人も野山にくると元気をもらえます!
 


こちらはこぼれ種で増えたパクチー。夏のものより香りが穏かでフルーティーです。
夏はぐんぐん背が高くなったのですが、秋はゆっくり育って横に広がっていきます。
子供も夏はグーンと背が伸びて冬はふっくら。人も植物も太陽で育てられてるんだなあと思います。

 

【野草茶作り】


収穫して乾燥させていた蓼藍の種を煎ってお茶にしました。
煎った種を食べてみたら香ばしくてほんのり甘くて美味しかったです。
種だけのお茶は甘い優しい味になりますが、今回は乾燥させて野草とブレンドしてみました。
材料はよもぎと、スギナです。
どちらも収穫後しっかり乾燥させて密封して保存していたものです。
 


熱伝導率の良い銅のフライパンで炒りました。鉄だと高温すぎてすぐ焦げてしまうので今回は銅を使いました。
少し話が逸れますが、調理器具について。
私は調理には鉄、土鍋をよく使います。器具が高温になるので食材が柔らかく甘くなるのです。時々ステンレスの圧力鍋や保温調理鍋なども使います。
アルミやテフロン加工されたお鍋、電気炊飯器はお手入れも簡単で便利ですが何年も使用していません。調理器具が健康に及ぼす影響は大きいようです。小さな子供は味覚が敏感なので食が細い子は鉄や土鍋に変えることでよく食べるようになります。息子がそうだったので周りにもお勧めしたら、よく食べるようになりましたと言っていました。
 


お茶の続きに戻ります。
香ばしく煎ったものをお急須に入れてお湯を入れてしばし蒸らします。
 


よもぎとスギナと種の香りが混じり合って甘く香ばしい良い香りが立ち昇りました。
飲んだ感じも優しく体に染み込むようで、夜飲むのにぴったりのお茶でした。
子供にも大好評でした。

 

徐々に寒くなってくるので、食とヨガで身体を温めて元気に過ごしたいですね!
今年はまだ靴下を履いていません(雨の日以外)なんだか靴下を履かない方が足指が自由で冷えない気がするのです。試してみてくださいね☆

スタッフ日記 16:15 comments(0)

バリ便りvol,6<ウブドショップ移転情報>

スラマットシアン

バリ島からゆーやんです。

 

染め工場への道

 

バリ島は乾季が終わりいよいよ雨季に突入した気配。

と言ってもまだ晴れの日は多く夜には雷豪雨が増えてきました。

雨季に入り雨が降らない日は猛暑となり3月頃まで続きます。

暑さで体力も消耗しやすくなるためスロータイムと呼んでいます。

これから長い雨季が始まるため無理のない仕事量を考えて動くことが大切。

工場の人達もマイペースに進めてくれるので重労働というイメージはなくそれぞれに合ったストレスのない環境で働いている姿が見えるので安心します。

雨季に入ると染物が乾きづらくなる日々が増えるため作業にもいつもより時間が取られるのでYinYangでは長いスパンで行えるようにしています。

まさに今は2019年春夏コレクションの染め真っ只中です。

作業中の豪雨にも負けず今日もバリ島の植物からウェアへと染められています。。。

 

 

<ウブドとヨガ>

 

 

バリ島の中心地から北へ少し行くと、生き生きとした緑に囲まれた大自然とオーガニックカフェやヨガスタジオも沢山あり自然と街のバランスの取れたヨガの聖地とされているウブドという小さな街があります。

ウブドは芸術の村と言われていて美術館が多く地元の方の描く繊細な画を見ることができます。

そこで生まれ育った村人は伝統的なバリ舞踊やガムラン音楽が受け継がれ小さな頃から練習を積み重ねています。

その世界観を見るとウブドの根底を感じることができます。

世界中からウブドの魅力に取り憑かれたアーティストが住み着くことでも知られています。

そんなウブドにヨガが根付いてきた理由には土地の持つ神秘的なエネルギーや地元の人達の心の広さや信仰の深さにも関係があると思います。

この小さな村の一角から発信する事で世界中のヨギーニと出会いYinYnagにとっての素晴らしきつながりの場所と言えます。

ウブドの事は一度では書ききれないほどの魅力たっぷりな情報があるのでまたご紹介したいと思います。

まだ未知の方はヨガとウブドを味わいに是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

<YinYangバリ島ウブドショップ移転>

 

 

YinYang UBUD Shopは2008年にオープンしました。

ウブドの裏通りJl,Sugriwaで小さなお店を細々と営業していましたが、この度8月から心機一転する事となりました。

日本からも沢山のお客様にご来店頂き誠にありがとうございました。

8月からはさらにパワーアップし、場所はウブドの南にあるプンゴセカン通りに面したオーガニックベジタリアンカフェに併設する複合施設内の店舗となります。

SOPAというベジタリアンカフェがありヨガもできるスペースもあります。

お隣には同じ関西出身オーナーのSISIバッグさんと店内は繋がっています。

SISIバッグさんの裏のカフェトピではオーガニックな料理やスィーツを楽しめます。

カフェが2軒併設された贅沢空間でゆっくりとお買い物して頂けます。

他にもジャカルタのアーティストさんのお店やグリーンスクールに通うママの作るアップサイクルショップやオーガニックコスメのアラムセンポールさんなどもあります。

新店舗ではYinYangの商品だけではなく、ヨガや海を感じる雑貨も取り扱ってます。

バリ限定商品やB級品もセールしています。

バリ島へ旅行される際には是非お立ち寄りください。

 

 

 

Jl Nyuh kuning No.2 Pengosekan,Mas,Ubud,Gianyar

電話:+62 857 3810 0527(日本語不可)

営業時間:10:00-18:00

休業日:ニュピ(バリのお正月)ガルンガン(バリのお盆)その年によって変わります。

2018年12/25,26,27ガルンガン休業日。

2019年3/6,7,8ニュピ休業日。7/23,24,25ガルンガン休業日。

https://www.instagram.com/seetheseabali/

 

<バリ島YinYangお取り扱い店>

 

ウブドショップ以外でのお取り扱い店のご紹介。

 

Four Seasons Resort Bali at Jimbaran Bay

 

 

 

 

ジンバランベイにあるフォーシーズンズホテル内のヨガとスパ施設にあるセレクトショップで販売されています。

宿泊以外のお客様もご覧頂けます。スパやヨガや絶景レストランカフェもオススメです。

ジンバランのフォーシーズンズから見るサンセットはまた格別です。

https://www.fourseasons.com/jimbaranbay/

営業時間:9:00-21:00

年中無休

 

Soham Wellness Center

 

 

 

 

スミニャック地区のMaca Villas&Spa Baliに併設するフィットネスクラブSoham Wellness Center内にあるセレクトショップで販売されています。

プール、スパ、ヘルシーカフェ、サウナ、ジャグジーが完備されとても充実した施設です。洗練された都会の雰囲気を味わいながらヨガの種類も豊富でその他のフィットネスも幅広くとても充実しています。

ビジターは1回200,000Rp(約1700円)、月会費825,000Rp(約7,000円)スパ1回付き。

ヴィラには日本人ゲストリレーションも常勤されているので安心して滞在して頂けますのでオススメです。宿泊者は無料で施設をご利用頂けます(スパなどは有料です)

http://www.macavillas.com

ヴィラ

http://sohamwellnesscenter.com

営業時間:6:00-22:00

休業日:ニュピ

 

 

 

 

スタッフ日記 14:52 comments(0)

Yin Yang京都町家日記vol31:秋の京都から、最新コレクションのご紹介3。

 

 

 

こんにちは、ムシです。
紅葉が美しいシーズンがやってまいりました。
今週末からは清水寺、来週頭からは高台寺や永観堂といった名だたる紅葉の名所でライトアップが始まります。
暗闇の中に鮮やかに浮かび上がる赤や黄色の色彩が幻想的な空間を作り出し、非日常の儚い美しさを楽しめますよ。
夜になると冷え込みが厳しくなりますので、暖かな装いでお出かけくださいね。

 

 

<自然の色彩を写し取った草木染め。>

 


(トップス:バイカラーロングスリーブ#ピンク、ボトムス:ボタニカルトレンカ#ネイビー)
 
今回ご紹介させていただくのはバリのアイテムの中でも毎シーズン好評のバイカラーロングスリーブ
美しいグラデーションを作り出す、バリの草木染め職人さんの技術がいかんなく発揮されたトップスです。
レッドに近いピンクは、肌色との相性も抜群です。
一見派手になっちゃうかなという心配もご無用ですよ。
紅葉の色目にも近い、落ち着いた雰囲気でモノトーンのボトムスに合わせて普段着にも。
何よりその色彩が着る人をハッピーな気持ちにさせてくれるので、とってもオススメなのです♪

 


(トップス:バイカラーロングスリーブ#ブルー、ボトムス:アンクルパンツ#ネイビー)
 
バリの空や海を連想させる藍染のブルー。
ビーチの白砂のような淡いイエローからの色の移り変わりが自然の造形そのものを映したようで、秋冬のコーデの差し色としてタンクトップの上に1枚着ると決まります。
何よりオーガニックコットンのほんのりとした暖かさが嬉しいところ。
藍染好きさんに是非着ていただきたいトップスです。

 


(トップス左:バイカラーロングスリーブ#ブラック、ボトムス左:ボタニカルトレンカ#ブラウン
 トップス右:バイカラーロングスリーブ#グレー、ボトムス右:ボタニカルトレンカ#ブラック)
 
こちらは合わせやすいモノトーン系の2色。
今シーズン一押しのブラックは、グリーンの色味を出す桃玉菜(クパタン)とブルーの色味を出す藍染を何度も染め重ねて表現した、これまた職人さんの手仕事ならではの深い色味となっています。
グレーも桃玉菜(クパタン)の色彩なので、カーキのような色味の温かみのある穏やかなグレーです。
どちらもボトムスにプレーンなトレンカをはいておりますが、もちろんこちらも草木染めの一品、シンプルなものほど素材にこだわりたいYin Yangならではのアイテムなのです♪
お尻周りの気になる方はこちらのコーデにプラスしてショートパンツをはいたり、ヨガスタジオへの行き帰りはロングスカートをはいたりしても素敵ですよね。

 

 

<草木染めってどういうもの?>

 

さてさて、Yin Yang草木染めラバーの皆様には今更なお話になってしまいますが、草木染めについて改めて説明をしておきますね。
簡単に言うと、草木染めとは名前の通り、自然の草木から色素を抽出してそれを布に定着させる染めのことを言います。

 

 

これは西洋茜の根っこを乾燥させて砕いたもの。
色素の抽出にはなるべく細かく砕いてチップにする必要があり、バリでは生の状態のものを職人さんが手作業で行っています。
そのチップを煮出していくと、色素がたっぷりと含まれた染液が出来上がります。
ちなみに濃い液を作ったから濃く染まるという道理ももちろんありますが、そうするとすぐに退色してしまうため、薄めた液を染め重ねていって深みを増すことで濃色を作り出しているんですよ。

 

 

植物の色素はマイナスの電気を帯びており、何の電気も含んでいない木綿や麻といった布にはそのままでは定着しません。
(ちなみに羊毛やシルクといった動物性の繊維はプラスの電気を持っています。)
そのため、染色の前または後に布にプラスの電気を持った金属を含ませる媒染という工程が必要なのです。
植物の色素のマイナスと、金属のプラスをしっかりと結びつけることにより、布が染まる仕組み。
先述の通り、この染めと媒染を繰り返すことで安定した濃色を表現することができるのです。

きっとバリでも日本でも最初に染めというものが始まった頃は、ただただ色を出して、それに浸して乾かすというものだったんでしょうね。
土を使った泥染めや鉄の錆びを使ったべんがら染め、そういったものとの組み合わせの中で、より鮮やかな発色や色の持ちを求めて行った結果として、今のようなスタイルに落ち着いて行ったのだと思います。
ま、化学的なお話はともかく、何よりもその自然の美しさを取りれることで、日常が心豊かになることが一番うれしいところです。
草木染めのウェアたちが彩り鮮やかに、皆様のライフスタイルの潤いになれば幸いです。
それでは楽しい週末をお過ごし下さいね。

 

 

 

スタッフ日記 08:00 comments(0)

蓼藍栽培とナチュラルライフ Vol.16 冬野菜を育てよう

 

 

こんにちは、Sonokoです。11月3日は京都平安神宮隣の岡崎公園にてヨガネイチャーがありました。同時開催でビーガングルメ祭りもありたくさんの方が遊びに来られていました!
私はファミリーエリアを担当。YinYangのブースと背中合わせでした♪
オーガニックフィットスキニーとボートネックロンTを着ているのが私です。柔らかくて光沢があって着心地抜群!生地の良さを実感しました。寒い早朝の準備の時も折り返しが暖かくぽかぽか♪
http://shop.yin-yang.jp/?pid=108742410 オーガニックフィットスキニー
http://shop.yin-yang.jp/?pid=132567914 ボートネックロンT
 


木の陰を注目(笑)ナイスタイミング!

 

 

《天日干しの色々》


カラッと乾燥した秋にいろんなものを干します。
無農薬のみかんの皮、生姜、しいたけ、ハーブなどなど。最近は日差しもあるのであっという間に乾燥します。



こちらの写真、紅いのは蓼藍です。お花が咲いた後に中の種が茶色から黒に熟します。種がこぼれる前に刈り取って天日干し。やはり庭の藍よりも畑の藍の方がお花の色が濃くて種も大きいです。お茶にしてみたり、もちろん来年の春の種まき用にも大切に保管します。

 

<天然の入浴剤>

 

黄色いお花は「セイタカアワダチソウ」キク科の薬草です。花粉は重くて飛ばないし、虫媒花なので花粉症の原因にはなりません。茎からもいい香りがします。
蕾の時に刈り取って干して入浴剤に使います。これを干しているとご近所さんからその雑草どうするの??と聞かれますが説明するとやってみよう!と人気者のお花に変わります。
乾燥肌や湿疹に良くて、冬から春にかけて重宝しています。
芯から温まりいつまでもぽかぽかが続きます。お風呂後に半袖短パンでうろうろしてしまうくらいです。
☆使い方のコツは
刈り取ったら洗わずに干して使います。
洗濯ネットやガーゼに包んで、手で触れるくらいの熱めのお湯にしばらく浸けておくと黄茶色のエキスが出てきます。お風呂にお湯を張る時にネットごと入れて成分がお湯にとけ出すのを待ちます。森林浴のような爽やかな香りです。
今ならまだ蕾のものがあるはずなのでぜひお試しください♪

 

<ハーブティー>

 

 

こちらの可愛いお花はホーリーバジル。葉っぱを一枚カップに入れてお湯を注ぐだけで良い香りの飲み物になります。チネイザンの後にお出しすると身体に香りが広がる〜と、とっても喜ばれます。刈り取ってドライにもしますが、生の香りはまた格別です。こちらももうすぐ種ができるのでワクワクしています。

 

《冬野菜》


苗を植えたり種を蒔いたり、冬の間に食べるものや冬を越して収穫するものを育て始めました。
玉ねぎやキャベツ、白菜、大根などお楽しみがいっぱい!家で苗を育てて畑に植える準備中です。

 

 

先日種まきしたほうれん草から可愛い芽が出ました。
 

 

一週間ほどするとほうれん草らしく成長、今の所虫にも食べられず育っています。
子供が蒔いたので密集してたりぐねぐねしていたりしますが間引きながら大きく育てていきます☆
 

 

これはラッキーなことにこぼれ種から発芽したパクチー
一週間すると

 

 

待ちきれずにほんの少し頂いてスープに浮かせました。夏の強い香りと違って、爽やかでフローラルな香りでした。ですが家族にはやっぱり不評(笑)好き嫌いの分かれるお野菜ですね。
 


小松菜もぴょこぴょこ芽を出しています。
このタネは毎年収穫している自家製です。
種子は小さいけれど、大きな力がぎゅっと詰まっています。ヨーガでも「Bija-mantra」種子マントラを唱える行法がありますね。
収穫した種を眺めながらいろんなことに想いを馳せています。
 


こちらは人参です。
発芽さえすれば順調に育つのですが、土の中に障害物があると根が割れたりしてまっすぐに育ちません。どうなるやらドキドキです。
間引きした葉っぱも美味しいし、生でも煮ても焼いても美味しい人参。種から採れる精油も良い香りがします。

 

《季節のおやつ》

 


米粉のモチモチクレープ。
秋に収穫したサツマイモと紅玉りんごを焼いてメープルシロップで甘みをつけました。
先日のビーガングルメ祭りで買ってきたRawカカオパウダーをかけると味がグレードアップ!
粒が残りつつふわふわっとしたパウダーで初めての食感でした。

季節の変わり目、植物はゆっくり冬支度をしています。みなさまも自然の恵みを取り入れながらゆっくりと冬支度をして健やかにお過ごしください。
 

スタッフ日記 11:57 comments(0)

Yin Yang京都町家日記vol27:秋といえば食とヨガ、京都でイベントを満喫しましょう♪

 


こんにちは、ムシです。
一昨日は時代祭で京都の街は人で溢れていてにぎやな一日となりました。
平安時代から明治維新までの各時代の装束をまとった2,000人もの人たちが、平安神宮から京都御苑までを練り歩く姿は圧巻!
昨年は台風の接近で中止となってしまったため、快晴の青空のもと洋々と進む時代行列を観れるのは2年ぶりのこと。
厳かな姿と取り巻く人たちの笑顔にほっこりする時間となりました。
京都、しみじみ良いですね。

 

 

<青空の下で自然とつながる、ヨガを楽しむ1日。>

 

 

さてさて、そんな京都では秋のイベントが目白押しです。
手作り市や骨董市、お寺の特別拝観など、いつもどこかでスペシャルなことが起こっている京都。
例えばヨガイベントでしたらYoga Nature Kyoto 2018@岡崎公園(ヨガネイチャー京都)がオススメです。
昨年、宝ヶ池公園で初開催されたこちらのヨガイベント、第2回目の今回は安神宮前の岡崎公園にて開催されます。
京都市美術館はもちろん、南禅寺や様々なギャラリーの集まる京都の文化エリア、散策するだけでも秋の空気感を感じられますよ。
 
Yoga Nature Kyotoでは地元京都の人気ヨガティーチャーはもとより、国内・海外で活躍する講師のクラスが盛りだくさん。
野外の参加費無料の大地エリアと、隣接するロームシアター内の空エリア・風エリアの3つのゾーンで全17のクラスが開催されます。

 


(昨年の宝ヶ池でのYin Yangアンバサダー・斎藤純子さん&サンドラ。)
 
第1回目に引き続き、Yin Yangアンバサダーのサンドラや斎藤純子さんのクラスも。
どちらもロームシアター3Fの風エリアですから、お天気の心配なくご予約くださいね。
2人はもちろん、いろんなヨガティーチャーや参加される皆さんのYin Yangウェアの素敵な着こなしも必見です♪

 

———————————————————
>> Yoga Nature Kyoto 2018 in 岡崎公園

日時 2018/11/3(土)9:30 - 16:30(受付9:15〜)
参加費 ¥500〜¥2,000(無料プログラムあり)
会場 京都岡崎公園、ロームシアター3階会議室(京都市左京区岡崎最勝寺町他)
アクセス 京都市営地下鉄東西線「東山」駅下車・徒歩6分、京都市営バス
facebook https://www.facebook.com/yoganaturekyoto/
Instagram https://www.instagram.com/yoganaturekyoto/?hl=ja
チケット予約 https://yoganaturekyoto.peatix.com/
———————————————————

 

 

<同時開催、ビーガングルメ祭りに出店します。>

 

 

おっと!肝心のお知らせがまだでした!
Yin Yangは同時開催の食イベント・ビーガングルメ祭りに出店いたします。
こちらも全国からヴィーガンの食べ物やスイーツが集まります。
ヘルシーなところも女性には嬉しいですよね。
 
Yin Yangのブースを少しご紹介させていただくと、Webショップでは完売したアイテムがひょっこり出ていたり、サンプル品、超お得なアイテムを取り揃えておりますので、スケジュール調整してでもお越しいただく価値大いにアリです!!!
ビーガンの人も、そうじゃないけど興味はあるよという方もみんなが楽しめる食のイベントです。
ふるってご参加くださいませ。
 
———————————————————
>> ビーガングルメ祭り2018京都

日時 2018/11/3(土)10:00 - 16:00
会場 京都岡崎公園(京都市左京区岡崎最勝寺町他)
http://vegefes.com/whatsvegangurmetfestival/kyotoeventdate/
———————————————————

現在ボランティアスタッフさんの募集もされていますので、運営に興味のある方はこんな参加の仕方もアリですよ。
詳しくは上記ビーガングルメ祭りのサイト内・ボランティアstaffページをご確認ください。

11/3(土)文化の日は京都の岡崎公園でヨガ&Veganグルメを満喫しましょう!
Yin Yangブースにてスタッフ一同お待ちしております。
 

スタッフ日記 11:06 comments(0)

蓼藍栽培とNatural life Vol.15 収穫と手仕事

 

 

こんにちは、Sonokoです。

秋晴れが続き、庭仕事が楽しい毎日です。私の日課は、5時に起きて庭に出て裸足でヨガをしたり、ハーブを摘んでお茶を作ることです。

ほんの一瞬ですがゆったりとするとエンジンがかかって、その後幼稚園に送るまでの分刻みの時間を軽やかに過ごすことができます。

 

 

 

【お芋掘りと畑の様子】

 

さて、先日待ちに待ったお芋掘りを行いました。

 

 

周りを優しく掘り、お芋を探します。

立派なお芋がゴロゴロ!

お芋はしばらく寝かせておくと甘みが増します。

 

お芋を掘った後は、米ぬかや籾殻燻炭(どちらもビオ多々羅の田んぼのお米からできています)などをすき込んで土を寝かせます

 

 

5歳の息子は手慣れた様子で、耕し、米ぬかを撒いて、三角に土を盛り上げていました。

私の思惑通り、戦力になってきています♪

 

 

こちらは人参。柔らかな葉が出てきました。

一緒の時期に植えたカブや大根は食べられてしまったのでタネのまき直しをしました。

次は育ちますように。。

 

 

 

【蓼藍】

 

 

蓼藍の花は種ができて重く垂れ下がっています。

花の中に黒い種が見え始めました。弾けてしまう前に収穫して乾燥させてタネを採取します。絶妙な頃合いで収穫すると黒くて大きな種ができています。

畑の蓼藍でも羊毛を染め、絹麻の生地を染めてみました。

 

 

生地は表が絹で裏が麻なので、絹だけが綺麗に染まりました。

羊毛も同じスカイブルーになりました。頭ではわかっているけれど、実際に染め上がると緑の葉から青に染まるのが不思議で感動します。

 

ぺスコフという作家の絵本で「ペレのあたらしい服」を子供の頃に読み憧れていたのですが、同じ本を息子が読んで、同じように羊の毛を染めて布にしたい!と興味津々です。

服にするほどはできないのですが、染めた羊毛でコースターとボールを作りました。

 

 

 

 

【羊毛の手仕事】

 

 

まずは、好きな大きさに切ったプチプチに羊毛を重ねて、石鹸の泡を落とします。

こんもりと重ねるのがコツです。フェルトになると薄くなるので多めにした方がしっかりとした生地になります。

 

 

次はラップを被せた上からひたすらくるくると手で撫でて、フェルト化させます。

10分ぐらいするとしっかりとくっつき離れません。

 

 

今日使った石鹸は、フランスの友人のロバのファームで作られているロバミルクを使ったアロマソープです。原料の精油は毎年お世話になっているラボラトワールアルトーのものが使われています。優しい香りの石鹸だと作っている時も、仕上がってからもふんわり香って癒されます。

 

 

ラップを外してもくっついてこないくらいに絡みました。

念のため一度裏返して同じようにくるくるします。

 

 

こんな感じに出来上がりました。

タオルで挟んで水分を取り乾かして出来上がりです。

息子も隣でせっせと手仕事をしていました。丸いボールは地球、白いものはカゴに入ったカブだそうです。羊毛は力加減が強くても弱くてもできないし、特殊な針も使うのでつついたら痛いのですが、集中力や感覚を使います。出来上がったものを見てとっても嬉しそうでした。30分もかからずにできるので、ぜひお試しください!

 

 

 

【畑の食材で夕食】

 

 

サツマイモと、頂いた四角豆と、赤ピーマン、新生姜、レンコンで天ぷらにしました。

 

今が旬の四角豆は傷みやすいのであまり販売されないそうですが、道の駅などにはあるかもしれません。食感が面白くて見た目も可愛くて大好きです。

天ぷらの油は九州産の菜種油を使っています。お野菜だけの天ぷらはたくさん食べてもお腹に優しく満足感もあり、普段菜食でない方にも喜ばれます。

 

自分たちで作ったものを食べ、遊び、生活に取り入れられる喜びを味わえるのは幸せです。

素敵なものを買ったり、美味しいものを食べに行った時とは違った性質の喜びです。

多くの人々や子供達がこの穏やかな喜びを感じて、地球環境に興味関心を向けていけたらいいなあと思います。

 

今回もお読みいただきありがとうございました!Vol.16では天候と運次第ですが、畑の様子や蓼藍の種採取のことなどを書こうと思っています。

スタッフ日記 11:57 comments(0)

Yin Yang京都町家日記26

こんにちは、ムシです。
京都御苑での朝ヨガに引き続き、Yin Yang京都町家オフィスでは2019 Spring - Summerコレクションの展示受注会が開催されました。
Baliライン、Kyotoラインのそれぞれの良さが引き出されたラインナップをみなさまに初披露する機会。
お越しいただきましたみなさまにも、気になるけど今回のタイミングでは来られなかった方にも感謝しております。
ありがとうございました。

 

 

<恒例の暖簾前スナップ♪>

 

 

ご試着された方の許可を頂き撮影させていただく恒例のスナップショット、今回のピカイチはこちらのお三方でしょう!
皆さんBaliラインのバルーンパンツをお色違いで♪マスタード、グリーン、パープルとそれぞれの方のイメージにぴったりのカラーですよね。
トップスは向かって左の方からKyotoライン定番のツイストジレ・ホワイト、発売されるたび人気のバストフィットタンク、2019SS限定のツイストジレ・ラベンダーです。
ツイストジレは絶妙な丈感で、レギンスでもボリュームのあるガウチョパンツやアラジンパンツなどなどどんなアイテムにも合わせやすいオールマイティなトップスです。
鉄板アイテム、要チェックですよ〜!

 

 

こちらの方のトップスはKyotoラインのリブノースリーブをお召しいただいています。
環境にもお肌にも優しいオーガニックコットンのリブ素材を使用し、ネックラインも腕周りも程よく詰まっていてタンクトップのような露出がないので安心です。
ボトムスはリネン100%のガウチョパンツ。
細番手の繊細な糸を使った生地はシャリ感だけではなくソフトな風合いでチクチクを抑えた快適なはき心地です。

 

 

おっと!こちらは陰ヨガのワークショップで京都に滞在されていた川端友季湖先生です。
奇遇にも同じタイミングで生徒さんたちもお越しくださって、お話しに華が咲いておりました。
知識豊富な方なので、何時間でもおしゃべりしたい気持ちは山々なのですけれど、次の目的地である広島県・尾道市に旅立って行かれました。
次に京都にお越しになるのは12月だそうです。
アシュタンガやヴィンヤサなどアクティブな陽のヨガをされる方にもバランスをとるのにオススメの陰ヨガ、ご興味のある方はスケジュールのご確認おば。

 

 

そうそう、こちらの写真の左側:Masaeねーさんのトップスは昨日ご紹介したのと同じクルーネックロンT・ホワイト。
丈感・透け感伝わりますか?
ちなみにボトムスは現在発売中のYin Yangウェブショップ限定のボタニカルトレンカのお色違い。
11月中旬にお届けできますので少々お待ちくださいませ。
なお現在発売中のブラウンピンクカラーはピンクリボン運動に協賛しております。
より多くの皆様にこの活動の輪が広がりますように、Yin Yangとして出来る範囲ではありますがお伝えできればと思っています。

 

 

<Yin Yangアンバサダー流の着こなし。>

 

 

Yin Yangアンバサダーの斎藤純子さんはさまざまな着こなしをしてくださいました。
左:トップスはツイストジレ・ホワイト、ボトムスはバルーンパンツ・ブラック。モノトーンで大人顔!
中央:バストフィットタンク・ネイビーに再販のご要望の高かったKyotoラインのロングアラジンパンツ・ネイビー。
右:バストフィットタンクはそのままに、ボトムスをボタニカルレギンス・ネイビーにチェンジ。
アシンメトリーな柄で他にはないバリならではの草木染めの良さを存分に表現してみました。
 
10/12(金)・10/13(土)と2日間に渡って、他府県からお見えいただいたユーザーさんやお取り扱いいただいているスタジオの方など、普段お会いできない方と直接お話しできる機会となり、スタッフ共々楽しませていただきました。
小さな町家でバタバタとしていて、何かとご不便をおかけしたかと思いますが、これに懲りず今後ともYin Yangを宜しくお願いします(^人^)

 

 

<ほっこり時間にはこちらを。>

 

 

毎度展示会ではお茶をお出ししておりまして、今回はルピシアの紅子というフレーバーティーをご用意しました。
アセロラ、ハイビスカス、ローズヒップがブレンドされた紅茶は爽やかな酸味とふんわりとお花の良い香りが女性に喜ばれます。
ホットでもアイスでも美味しくいただけますので、お友達への手土産にもオススメですよ。
それではまた。

スタッフ日記 14:42 comments(0)

Yin Yang京都町家日記25:京都御苑ヨガ


こんにちは、ムシです。
すっかりご無沙汰している間に秋も深まり、朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。
Yin Yang町家オフィスのある京都御苑あたりも木々の装いがだんだんと紅葉に近づいています。
さて今回は先週末に行われました京都御苑ヨガのご報告です。
 

<のびのびリラックス、京都御苑で朝のヨガクラス。>


 

数日前の雨とは打って変わって、快晴の朝。
京都御苑の堺町御門を入った芝生広場には朝ヨガクラスに参加をするためにたくさんお方にお集まりいただきました。
紅葉まであと少しありますから、まだまだ緑の美しい御苑内。

清々しい空気で満ちています。


ベビー連れの方、海外からの旅行の方などこの場がなければ顔をあわせることのなかった人たちが、この芝生の上で一緒に心地よいヨガの時間を過ごしているかと思うとなんとも不思議です。
Yin YangイメージモデルのMaayaちゃんによるトゥリヨガで、指先からつま先、背骨の1つ1つに至るまで繊細な動きによりほぐれていきます。
ヨガクラス終わりのシャバアーサナではみなさんのお顔がゆったりとした笑みをたたえていてとても美しかったですよ。


ちなみにMaayaちゃんが着ているのは先日発売された今シーズンの人気アイテム・クルーネックロンTのホワイト。
伸縮性に富んだ透け感のある生地と開きすぎないデコルテラインが女性らしいラインをさりげなく表現しています。
動きを妨げないのでどんなヨガスタイルにもしっかり寄り添ってくれますし、丈感もあってお尻周りの気になる方にもぴったりです。


最後にみなさん揃って記念撮影!
この笑顔が楽しい時間を物語っていますよね。
また次回開催の折には是非ご参加くださいませ。
スタッフ日記 15:32 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    ムシ。 (03/24)
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    平賀徳美 (03/11)
  • まもなく締め切り!アンバサダーの募集☆
    Kanako Premma (08/23)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS