YinYang Blog

ヨガウェアブランドYinYangの公式ブログ。バリと京都の現場から、ヨガとヨガウェアにまつわる最新情報をお届けします。

Yin Yang京都町家日記26

こんにちは、ムシです。
京都御苑での朝ヨガに引き続き、Yin Yang京都町家オフィスでは2019 Spring - Summerコレクションの展示受注会が開催されました。
Baliライン、Kyotoラインのそれぞれの良さが引き出されたラインナップをみなさまに初披露する機会。
お越しいただきましたみなさまにも、気になるけど今回のタイミングでは来られなかった方にも感謝しております。
ありがとうございました。

 

 

<恒例の暖簾前スナップ♪>

 

 

ご試着された方の許可を頂き撮影させていただく恒例のスナップショット、今回のピカイチはこちらのお三方でしょう!
皆さんBaliラインのバルーンパンツをお色違いで♪マスタード、グリーン、パープルとそれぞれの方のイメージにぴったりのカラーですよね。
トップスは向かって左の方からKyotoライン定番のツイストジレ・ホワイト、発売されるたび人気のバストフィットタンク、2019SS限定のツイストジレ・ラベンダーです。
ツイストジレは絶妙な丈感で、レギンスでもボリュームのあるガウチョパンツやアラジンパンツなどなどどんなアイテムにも合わせやすいオールマイティなトップスです。
鉄板アイテム、要チェックですよ〜!

 

 

こちらの方のトップスはKyotoラインのリブノースリーブをお召しいただいています。
環境にもお肌にも優しいオーガニックコットンのリブ素材を使用し、ネックラインも腕周りも程よく詰まっていてタンクトップのような露出がないので安心です。
ボトムスはリネン100%のガウチョパンツ。
細番手の繊細な糸を使った生地はシャリ感だけではなくソフトな風合いでチクチクを抑えた快適なはき心地です。

 

 

おっと!こちらは陰ヨガのワークショップで京都に滞在されていた川端友季湖先生です。
奇遇にも同じタイミングで生徒さんたちもお越しくださって、お話しに華が咲いておりました。
知識豊富な方なので、何時間でもおしゃべりしたい気持ちは山々なのですけれど、次の目的地である広島県・尾道市に旅立って行かれました。
次に京都にお越しになるのは12月だそうです。
アシュタンガやヴィンヤサなどアクティブな陽のヨガをされる方にもバランスをとるのにオススメの陰ヨガ、ご興味のある方はスケジュールのご確認おば。

 

 

そうそう、こちらの写真の左側:Masaeねーさんのトップスは昨日ご紹介したのと同じクルーネックロンT・ホワイト。
丈感・透け感伝わりますか?
ちなみにボトムスは現在発売中のYin Yangウェブショップ限定のボタニカルトレンカのお色違い。
11月中旬にお届けできますので少々お待ちくださいませ。
なお現在発売中のブラウンピンクカラーはピンクリボン運動に協賛しております。
より多くの皆様にこの活動の輪が広がりますように、Yin Yangとして出来る範囲ではありますがお伝えできればと思っています。

 

 

<Yin Yangアンバサダー流の着こなし。>

 

 

Yin Yangアンバサダーの斎藤純子さんはさまざまな着こなしをしてくださいました。
左:トップスはツイストジレ・ホワイト、ボトムスはバルーンパンツ・ブラック。モノトーンで大人顔!
中央:バストフィットタンク・ネイビーに再販のご要望の高かったKyotoラインのロングアラジンパンツ・ネイビー。
右:バストフィットタンクはそのままに、ボトムスをボタニカルレギンス・ネイビーにチェンジ。
アシンメトリーな柄で他にはないバリならではの草木染めの良さを存分に表現してみました。
 
10/12(金)・10/13(土)と2日間に渡って、他府県からお見えいただいたユーザーさんやお取り扱いいただいているスタジオの方など、普段お会いできない方と直接お話しできる機会となり、スタッフ共々楽しませていただきました。
小さな町家でバタバタとしていて、何かとご不便をおかけしたかと思いますが、これに懲りず今後ともYin Yangを宜しくお願いします(^人^)

 

 

<ほっこり時間にはこちらを。>

 

 

毎度展示会ではお茶をお出ししておりまして、今回はルピシアの紅子というフレーバーティーをご用意しました。
アセロラ、ハイビスカス、ローズヒップがブレンドされた紅茶は爽やかな酸味とふんわりとお花の良い香りが女性に喜ばれます。
ホットでもアイスでも美味しくいただけますので、お友達への手土産にもオススメですよ。
それではまた。

スタッフ日記 14:42 comments(0)

Yin Yang京都町家日記25:京都御苑ヨガ


こんにちは、ムシです。
すっかりご無沙汰している間に秋も深まり、朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。
Yin Yang町家オフィスのある京都御苑あたりも木々の装いがだんだんと紅葉に近づいています。
さて今回は先週末に行われました京都御苑ヨガのご報告です。
 

<のびのびリラックス、京都御苑で朝のヨガクラス。>


 

数日前の雨とは打って変わって、快晴の朝。
京都御苑の堺町御門を入った芝生広場には朝ヨガクラスに参加をするためにたくさんお方にお集まりいただきました。
紅葉まであと少しありますから、まだまだ緑の美しい御苑内。

清々しい空気で満ちています。


ベビー連れの方、海外からの旅行の方などこの場がなければ顔をあわせることのなかった人たちが、この芝生の上で一緒に心地よいヨガの時間を過ごしているかと思うとなんとも不思議です。
Yin YangイメージモデルのMaayaちゃんによるトゥリヨガで、指先からつま先、背骨の1つ1つに至るまで繊細な動きによりほぐれていきます。
ヨガクラス終わりのシャバアーサナではみなさんのお顔がゆったりとした笑みをたたえていてとても美しかったですよ。


ちなみにMaayaちゃんが着ているのは先日発売された今シーズンの人気アイテム・クルーネックロンTのホワイト。
伸縮性に富んだ透け感のある生地と開きすぎないデコルテラインが女性らしいラインをさりげなく表現しています。
動きを妨げないのでどんなヨガスタイルにもしっかり寄り添ってくれますし、丈感もあってお尻周りの気になる方にもぴったりです。


最後にみなさん揃って記念撮影!
この笑顔が楽しい時間を物語っていますよね。
また次回開催の折には是非ご参加くださいませ。
スタッフ日記 15:32 comments(0)

蓼藍栽培とナチュラルライフVol.14 手仕事の秋

 

こんにちはSonokoです。秋は創作活動が楽しい季節♪
蓼藍の葉で羊毛を染めたり、アロマクラフトを作ったり、保存食を作ったりとやりたいことはつきません。Vol.14では過程も丸ごと楽しめる手仕事をご紹介します。

 

 

【蓼藍の生葉染め】

 

わたしはお庭と畑の2ヶ所で藍を育てています。染め比べをしてみたいなと思っています。今回は庭の藍で羊毛を染めました。
まずは羊毛を取り寄せようと思って調べてみたら「神戸六甲牧場」のサイトで羊2頭分(4キロ)3400円の原毛を発見!!
しかし、、、羊さんから脱がせた状態そのまま。
洗って、紡いで、染めるのも本気で考えましたがその前に蓼藍が枯れてしまいそうなので今年は断念しました。
いつかやってみたいことが1つ増えました♪
ということで、まずは手持ちのオーガニックウールを染めることにしました。

 

 

花芽の付いているところをカットして、花芽は花瓶に挿しておきます。
タネが弾けないように今年は部屋の中で回収する作戦です。

 

 

蓼藍はとっても丈夫なので水耕栽培が可能です。こんなに根っこが生えてきました。
友人たちも株分けした藍の茎で水耕栽培を楽しんでいます。

 

 

藍を育ててみたい方、種は秋から冬にかけて購入することができますよ。
水耕栽培でもプランターでもぐんぐん育ちます。染めたり、スムージーに入れたりして楽しめます。何より育ちっぷりの良さに元気をもらえるはず☆

 

 

【藍染の手順】

 

茎から葉っぱをとり、重量を量ります。
葉っぱの重量の5分の1から15分の1のものが染められますがしっかり色をつけたかったので5分の1の液を作りました。

 

 

ミキサーにかけて、ざるにガーゼを敷いて濾し取ります。
もしくはできるだけ細かく刻んでガーゼの袋に入れて揉みほぐして抽出することもできます。

 

 

葉や茎などが混じるとくすんだ色になるので気をつけて濾過したいところですが子供はお料理気分でぐるぐる。
羊毛をそっと水の中に放してから引き上げ軽く押して水気を切り、藍液の中にそーっと沈めます。約15分漬け込んで一度引き上げ空気に晒し酸化させます。
もう少し濃くしたかったのでもう一度つけてさらに10分おきました。
羊毛は濡れた状態で摩擦すると、絡まり合ってフェルト化してしまうのでできるだけそっとします。

 

 

綺麗な色に仕上がったので水をたっぷり貼ったボウルに沈め優しく水洗い。
色が出なくなるまで何度か繰り返しました。
気をつけてはいたのですがちょっと絡まってしまいました。
出来上がったのはこちら。一部フェルト化していたのでほぐしてふわふわにしました

 

 

わあーきれい!!お空の色!と大喜びの息子。
これでボールを作りたいなあと待ちきれない様子でした。わたしはフェルトビーズを作りたいです(^ ^)

 

 

【Szyimpatikus Party】


先日、YinYangのモデルのMaayaちゃんと妹のNInaちゃん主催のイベント「Szyimpatikus Party~party therapy」に参加させていただきました。
ヨガと、食と、クリエイティブな雑貨と、ビューティーが融合したパーティー型マーケットです。Maayaちゃんのヨガで心身共にリラックス。フロースタイルの美しいTriヨガはしなやかな女性らしさと身のこなしが身につき今回のテーマにぴったり!!
☆10月12日(金)午前中に京都御所でマーヤちゃんのヨガがあります。YinYangのウェブサイトからチェックしてみてくださいね。
マーケットにはYinYangもお世話になっている『VANI』さん「ARATI」さんも来られていました。

 

 

【アロマクラフト】

 

わたしは「ネイルオイル作りとハンドマッサージ」のWSをさせていただきました。
昼と夜の2種類のネイルオイルを作ります。カモミールウォーターでハンドパックをしてオイルを浸透させてセルフマッサージをします。
指や、手の甲の骨の間、手のひらの付け根、腕の付け根などをほぐしてあげるととっても気持ちが良いです。顔色が明るくなったり、肩凝りが楽になったりもします。PCやタブレットを触った後にはくるくるほぐすのがオススメです。

 

 

爪や皮膚によいキャリアオイルを数種類ブレンドしてベースオイルを作ります。
そして、これまた爪と肌によいエッセンシャルオイルを2〜3種類ブレンドしてオリジナルの香りのネイルケアオイルを作りました。お好みでドライフラワーを入れるとウキウキが倍増します。

 

 

 

夜用は筆タイプ、昼用は手軽に使えるロールオンで。
香りの定番ラベンダーやジャスミン、ローズのほかレモンやシスタス、フランキンセンス、キャロットシードなど組み合わせることで深みのでる精油も色々用意しました。もちろんこの夏にフランスから持って帰ってきたものです。
香りは一瞬で気分が切り替わるのでお疲れの時のリラックスにオススメです。

 

 

マーヤちゃんは全ての香りが大好き!この日は古代に儀式で使われていた香りや女性らしいお花の香りを選んでうっとり。マッサージでリラックスしてアロマで癒されて美しさが際立っていました♡
インスタの@szimpatikus_kyotoから素敵な写真の数々をみていただけます。

素敵なものを素敵な人から買うのも楽しいですが、自分で良い材料を用意して、過程を楽しみながら作るのも良いですね!身の回りに置くものや身に付けるものは、良いエネルギーを持ったものを選んで大切に使いたいなと思うのです。

 

次回Vol.15ではお芋掘り&畑の藍で藍染の模様をレポート予定です。いつもお読みいただきありがとうございます。

スタッフ日記 10:01 comments(0)

蓼藍栽培とナチュラルライフVol.13 秋の畑仕事

 

 

こんにちはSonokoです。空高く気持ちの良い季節になりましたね。

すっかり秋!ですが、私はまだまだ夏モードが続いています。肌はこんがり、半袖サンダルで先週は京都の丹後半島の先端へキャンプに行き、泳いできました。

 

 

手前は川、奥側は海。一つの場所で両方楽しめる素敵な場所でした。

波の音は集中力を高めてくれてヨガや瞑想をするのにもぴったり!この爽やかな時期に海でヨガをするのはオススメです。

 

さて、秋の畑の準備に家族総出で行って来ました。

秋の長雨で草があっという間に伸びていたので、素手でどんどん抜いては草を重ねて行きます。この草は捨てずに最後に畝の間と上に積み重ねて自然に土に還します。

 

 

<畑の様子>

 

 

藍が再びすくすくと育ち、私もやる気がむくむく!毛糸や羊毛を生葉染めしたいなあと畑仕事をしながらワクワクしています。庭の藍も絶好調。花を咲かせる前のラストスパートのようにぐんぐん伸びています

 

 

お花が咲き始めたので脇芽を育てるべくカットしました。カットしたものは蒸して干して保存します。お花の部分は花瓶に挿してタネがもう少し育つのを待つことにしました。

後ろにはヤモリ!大中小と3匹いるのですが今日は一番小さな女の子が出てきました・

 

 

サツマイモを待ちきれない息子が試し掘り。美味しそうなお芋が出てきましたが、もう少し待つことにしました。お芋の両端には甘い蜜が出てきました!しばらく寝かせて糖度をさらに高めます。

 

 

 

 

<種蒔きいろいろ>

 

畝を整えて色々な種を蒔きました。大根、蕪、カリフラワー、ブロッコリー、かつお菜。

筋蒔きして、間引きしながら大きく育てます。ホウレン草は、事前に浸水準備が必要なので畝に苦土石灰を混ぜ込んでホウレン草のための土作りを行いました。

種の発芽には、それぞれの最適な温度があるので天候を予想しながらいつ蒔くのかを計画しています。今年はどんな冬になるのでしょうか?

 

 

 

<保存食作り>

 

畑で赤紫蘇、青紫蘇をカットしていた友人から紫蘇をたくさん頂きました。

時々取れた作物を交換しあうのが貸し農園の醍醐味です。

 

 

紫蘇は毎年こぼれ種で自然発芽します。我が家の庭も紫蘇がたくさん発芽して紫蘇の茂みになりました

赤紫蘇は塩もみをして梅酢につけ「ゆかり」を作ります。自家製ゆかりは絶品です。

お天気がよくてカラッとしていたらお日様に当てて乾燥したらフードプロセッサーなどで粉砕します。

 

青紫蘇は、よく洗って乾かしてからお醤油とニンニクに漬け込みました。

夕飯のベジ餃子で、餃子の皮の上に青紫蘇、中身を乗せ包んでみました。青紫蘇は爽やかで食が進みますね!紫蘇の実は、よく洗って一昼夜乾燥してからオリーブオイルに浸しました。

 

 

あんなにたくさんあった紫蘇はこんな少なくまとまりました。

出来上がりがとっても楽しみ!特にオリーブオイル漬けはどんな味になるのかワクワクしています。

 

次回は、種蒔きをした植物の様子、もしかしたらお芋ほりの様子をお知らせしますね!

お借りしている畑Bio多々羅(自然農法)では、お米ともち米を栽培しています。12月1日にはファームで取れたもち米を使ってのお餅つき&マルシェが開催されます。

私はキッズヨガと初めてのヨガで参加します。場所は京田辺!お近くの方ぜひ遊びにいらしてください。

 

 

 

スタッフ日記 11:35 comments(0)

蓼藍栽培とナチュラルライフ Vol.12 保存食いろいろ

 

 

こんにちは、Sonokoです。

はじめに、この度の台風と北海道の地震で被害を受けられた方に心よりお見舞いを申し上げます。京都でも家や木々に台風の爪痕が残っています。みなさまが1日も早く健やかな生活を送れるよう心よりお祈り致します。

 

 

【緑の復活】

この夏の暑さでカラカラになっていた京都ですが雨が多くなり、庭や畑もみずみずしさを取り戻しています

蓼藍、赤シソ、枝豆、ミニトマト、茄子、サツマイモ、様々なハーブ、みんな葉っぱがふさふさしています。何もかも去年と育ち方が違いこの夏の異常気象の影響の大きさを感じます。

 

 

バッタは赤シソが大好物。この写真にも写っていますよ

赤シソはジュースのほか、梅酢に漬けてから乾燥してふりかけにしたり、きゅうりと一緒に漬けて柴漬けにしたりと保存食に大活躍です。

 

 

庭も畑の藍も脇芽が増えて、株が大きくなってきました。秋までに2回は収穫できそうです。乾燥して保存した藍と合わせて何を染めようかなあと思案中です。

 

 

 

【様々な保存食】

我が家では育てたものや地元産のお野菜を中心に、乾物、保存食プラスして毎日の食事やお弁当にいただいています。特に豆類、雑穀は素晴らしい味方です!常温保存ができる栄養価の高い食品です。

旬のもので作る保存食は楽しくて美味しいですよ。保存食作りのWSなども開催されているのでまずは参加してみてはいかがでしょうか?

 

こちらは台風明けのお弁当

 

 

冷蔵庫に何もなくても豆類に助けられています。枝豆(夏に収穫し茹でて冷凍)、黒豆入りひじき、きびご飯、黒ごまとさつまいも

黒豆は一晩水に浸して翌朝圧力鍋で5分で炊き上がります。しかも煮汁は栄養豊富で喉の粘膜を潤してくれたり血流を良くしてくれます。

 

さし酢漬け

 

 

粗糖、塩、昨年の梅酢でつけた甘酸っぱくて果肉がねっとりした梅です。

酸っぱいものが苦手な子供も美味しいと食べる梅です。この梅酢は寿司飯を作るとほんのりとピンクのキレイなご飯になります。

 

ドライいちじく

京都市内から30分ほどのところにある城陽市はいちじくの産地です。

少し車を走らせると、軒先で山盛りのいちじくが販売されています。

 

 

 

よく洗って半分に切って、160度のオーブンで40分セミドライになったら天日干しをします。出来上がりからしばらく置くと味と食感がとても良くなりました

 

 

 

こちらは今年収穫したブルーベリーと、レモンジンジャーシロップ、いちじく、カシューナッツ、梨を使ったスムージーです。旬の果物を冷凍しておくと色んなスムージーやRAWケーキなどにすぐ使えます。

ちょっと甘いものが欲しい時に手軽に作れるので便利です。

 

 

【生姜の色々】

保存食の最後のオススメは、新生姜!甘酢漬けや蒸し生姜、干し生姜、シロップ作りをしています。ひね生姜で作るよりもあっさり爽やかな口当たりです。

ジンジャーシロップはとっても簡単で美味しいのでぜひお試しください。

 

 

新生姜をスライスして同量の粗糖にまぶし、しばらく置きます。

水分が出てきたらゆっくり煮込んで出来上がり。お好みでレモン汁や、シナモンやローリエを入れるのもオススメです。チャイや炭酸水に入れて飲んでいます。

漬けていた生姜は天日干しで甘いドライジンジャーにします。

 

さて生姜は食べるだけでなくアロマや化粧品にも使われています。

 

 

掘り立てのフレッシュジンジャーの精油と掘って保存したひね生姜の精油の2種類です。

フランスの友人がマダガスカルに農場を作りオーガニックの生姜を栽培しています。マダガスカルではとっても大きく力強く育つそうです。

フレッシュジンジャーはレモンのような爽やかな香りがして柑橘系やフラワーオイルとブレンドすると軽やかな香りになります。

保存したジンジャーは、嗅いだだけで温まるような濃い香り。スパイス、ウッド、樹脂系のオイルなどと合わせるのが好きです。

身体を暖めたり、消化を促進する働きもあるので時々ボディオイルやシャンプーを作って使っています。

 

こんな感じで日々思い立ったら保存食を作っています。

次はカラッとした日に干し野菜や干しハーブづくりをするつもりです。

土作り中で寝かせている畑もそろそろ種まきの準備が整いそうなので次回は畑のことを中心にレポートします!

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

 

スタッフ日記 12:08 comments(0)

被災者・被災地の方へ

北海道地震にて被災された方、台風21号にて被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

 

京都の町並みは台風21号の爪痕があちこちに残っていて、街路樹が倒れていたり、折れた枝が散乱しています。

豪雨災害や猛暑が続いた夏がようやく終わったかと思えば、今度は大型台風が過ぎてすぐに北海道では大きな地震があり、各地で被害が広がっています。

 

停電からの復帰や、空港の再開など、復旧への課題はたくさんある状況の中、家族や知人・友人と連絡がとりづらい方も多くいらっしゃると思います。

安心とは言わないまでも、ともかく不安な材料が一つでも早く解消されることを願っています

被災地にてお困りになっているどなたかのお役に立てることを願いながら、Yin Yangとしてできることを少しずつではありますが実行していきたいと思います。

皆様に暖かな日常が1日でも早く戻りますように。

スタッフ日記 14:01 comments(0)

蓼藍栽培とNatural lifeVol.11 秋の気配

 

 

こんにちはSonokoです。フランスから戻って2週間、ヨガと時々畑、山や川、人と自然の間を行ったり来たりしています。楽しく友人達と過ごしたあとは、静かな自然の中で過ごすと心地よい安定感が感じられます。この週末は奈良の川に泳ぎに行って、名水を汲んできました。

 

 

ススキで有名な曽爾の名水は甘くてさっぱりしています。たっぷり20リットル100円です!!近くの温泉お亀の湯もツルツルのお湯が大人気です。

 

 

【畑と庭の様子】

 

久しぶりの畑に行ったら入り口には栗が大きく実っていました。

 

 

ドキドキ、ワクワクしながら畑に向かうと、やはり草が一面に生い茂っていました。

きっと浦島太郎が地上に戻ってきたときもこんな気持ちだったんだろうなあとぼんやり畑を眺めてしまいました。

 

 

気を取り直して多すぎる草を引き抜き土の上に重ねます。乾いて雨で濡れて、微生物が分解し土に還っていきます。雑草が生えていると土の中の温度も湿度も良い具合に保たれます。雑草ではなく必要な植物です。

 

 

スッキリした蓼藍たち。

夏が暑すぎたせいか成長が止まっているようですが、今から良い季節になるのでもう少し成長すると良いなあと期待しています。

 

そして6月に播いた枝豆が大収穫!

 

 

茹でる前にさやの先を切っておくと中に塩味がしみて美味しいそうで夫が全部切って茹でていました。塩気がしみていて美味しかったです♪

 

庭は、藍やハーブ、果樹などで賑やかです。

今年初めて育てている」赤いトウモロコシも大きくなってきました。

 

 

そしてホーリーバジルもすくすく成長中!お湯に葉を一枚浮かべただけでスッキリ美味しいハーブティーになります。

 

 

 

 

【自然の中でファミリーヨガキャンプ】

 

毎年夏の終わりに生駒山の中腹にあるクンダリーニセンターでのファミリーキャンプに参加しています。今年で8回目の参加!!私はキッズヨガを担当しています。今年も男の子ばかりでアクティブに動きました。

生駒山の中腹にはこのセンターだけが立っていて静かな環境でヨガを深めることができます。バルコニーからの眺めがとっても素晴らしく空気も最高です

 

 

大人も子供もそれぞれヨガをしたあとは、ベジバーベキューとキャンプファイヤー

 

 

夜は肌寒くバーベキューやキャンプファイヤーの火の温もりが心地よかったです。

子供は火が大好き!焚き火から離れず木をどんどんくべていました。

 

 

火を囲んでのキールタンがありました。8月26日はヨギティーの箱にも描かれているヨギバジャン師のお誕生日、クンダリーニヨガでは26日に向けてのマントラを毎日唱えています。白いお髭のカルサ先生のギターでみんな歌い、子供達はうとうと、良い夜を過ごしました。

ハイキングをしたり、色の綺麗なRawランチをいただいたり非日常を過ごしてリフレッシュしました。

 

 

そして先ほどのスイカは見事真っ二つ、子供が夢中になって食べていました。

 

 

8月もあと1週間、素敵な夏の終わりをお過ごしください♡

スタッフ日記 10:20 comments(0)

蓼藍栽培とNatural life vol.10 フランスの植物染め

 

こんにちはSonokoです。8月も半ば、もうじき涼しくなってくるのでしょうか?vol.10 でも引き続き、フランス通信をお送りします。
目にも涼しいパステルブルーの世界をお楽しみくださいませ。みなさまへYinYangからお楽しみなお知らせもありますよ。長いですがぜひ最後までお付き合いください。

 

【トゥールーズの見どころ】

 

私が利用するブラニャック空港のあるフランス南西部の町トゥールーズはカラフルな街、バラ色でスミレ色で水色なのです。バラ色の建物が美しくスミレのお菓子やお茶、ひまわり畑なども人気があります。エアバス社もあり見どころ満載です。
私たちもエアバスツアーに参加して色んな型式の飛行機の製造過程が見てきました。残念ながら写真NG!
ミュージアムも併設されていてエアバスの歴代の飛行機が見られます。タンタンや星の王子さまグッズもありワクワクし通しでした。

 

 

【パステル染め】

 

トゥールーズやその近郊の町はパステル染めの工房がいくつかあります。
パステルは、黄色い花を咲かせる植物でインド藍が主流になるまでは主にパステルで青系のものが染められていました。トゥールーズは青色の天然色素を欧州に売ってとてもお金持ちの街になったそうです。一度は衰退しましたがこの20年ほどの間に人気が出て絵具、化粧品、衣類な様々なものが作られています。
私が訪れたこちらの工房では町の郊外でパステルを栽培して製品を作っているそうです。

 


店の外側の窓枠やドアの水色はパステルのペンキで塗られています。

 

 

お店の前には大きな絞りが素敵なタンクトップがありました。
ネックレスも腰巻布もパステル染めです。お店にはパステル染めを着たお客さんが次から次へとやってきます。常連さんに支えられているお店なんですね♪

 


こちらは仕上げ前の製品。これぞパステルという色でバリエーションが豊富です。

 


パステルの原料ウォードの葉は壬生菜みたいな形です。はじめの頃はエジプトから買っていたそうですが今は十分な生産量があり自社畑でまかなっているそうです。お店から10キロ先ぐらいと言っていたので来年は見に行きたいです。

 


パステルは黄色い花が咲きます。こちらも染めに使うそうです。ちなみに蓼藍はピンクの花です。

 


そして昔は刈りとったパステルで藍玉ならぬパステル玉を作っていたそうです。

 


こちらは現在使用している固形のもの。染めの時に溶かして使ったりクレヨンや絵具やパステルにはいっています。

 


マダムにレクチャーをしていただきました。


パステル染めのウッドアクセサリーを身につけ、素敵な染めのワンピースを着ています。肌に馴染むまで布が柔らかくなり気持ち良さそうでした。
お話はウォードの葉の生、乾燥、発酵したもの、パウダー、液体と順番に見せていただき子供達にもわかりやすくたのしい時間でした。

 


パステル液は藍染液に似ていますが、においがマイルドで固形の墨のような香りでした。お湯に紺色のパウダーを溶かしてボールの中の古い青いパステル液に混ぜると液の色が黄緑になりました。

 

 


染まりやすいシルクハンカチを染めます。最初はごく薄いねずみ色に見えました。
4回染め洗いを繰り返して最後に空気に当てると綺麗なパステルカラーに染まりました。一緒に行った子供達も興味津々。

 

【お店の様子】

 

 


雲のような染めやマリンテイストのもの、男性用、なんとなくYinYangに似ているグラデーション、赤ちゃんやキッズ用までありました。どれも素敵で目移りしましたが、私は羽織を買いました。ワンピースにもなる優れものです。軽くて旅行に活躍しています。

 


穴に手を通すといい感じにワンピースになるのです。柄は2種類ありました。

 


ペンキやパステルブロック、インク、クレヨンのコーナー

 


原毛を染めて編んだニット製品、風合いが良く肌触りも気持ちよかったです。パステルカラーを使うとアクセサリーのタディングレースやドリームキャッチャーも爽やかな仕上がりでした。
窓辺にはクッションやトラベルピロー、巾着など生活を彩るアイテムがおしゃれに並んでいました。

 


こちらはオーガニックの化粧品コーナー、フランスらしい香りでさらっとしっとりの使い心地です。アロマファームのおばあちゃんが長年愛用しているそうで、保湿力がすごくいいのよと言っていました。

 

 


クリームもパステルカラー、藍と同様に薬効があるそうでアンチエイジング効果が期待できるそうです。
ここではみなさまへ石鹸とパステルを練りこんだボタンを買いました。ほかの色んなお土産と合わせて近々yinyangから皆さまへのプレゼント企画が発表されます。
文庫や雑貨、食品、アロマなど色々選ぶのが楽しかったです♪お楽しみにお待ちください!

 

【サプライズ デー】

 


パステル染めをみたいと言ったら準備してくれていたホストのアレックス。その日は突然にやってきました。プールで泳いで、公園でピクニック&yogaをして、「さあこれから近くの友達の家にお昼寝に行くわよ!」??と思いながら何度も会ったことのある友達の家で子供達はお昼寝。するともう一組双子の親子がやってきました。
お昼寝、お茶タイムが済んだら何と全員でパステル染めを見に行こうと!なんと総勢13名です。大体がいつも突然なのですがこの日はほんとにサプライズ。水着の上に、たまたま数年前のYin yangのツイストリネンタンクという格好で行ってきました。
毎日が楽しいですが、今日も素敵な一日となりました。さらっとサプライズで楽しいことをプレゼントしてくれるホストファミリーに感謝です。

先日、帰国しそのまま炭酸温泉で旅の疲れを癒してから4日間のキャンプ中です。
川でたくさん泳いで時差ボケはあっという間に解消され身体ものびのびしています♪
次回は畑の様子をレポートしますね。今どうなっているやらドキドキです。

 


 

スタッフ日記 10:48 comments(0)

Yin Yang京都町家日記vol24:出会った瞬間の直感を信じる。

 


こんにちは、ムシです。
台風の影響か昨日よりも10度近く気温の下がった京都です。
空も少し雲が多くて、週末にかけて少し落ち着いたお天気になりそうですし、お盆は比較的お出かけもしやすくなるでしょうか。

 

 

<出会いと交わりを体感するイベント、Szinpatikus party!>

 

 

 

今日はYin YangイメージモデルのMaayaちゃんが、妹のNinaちゃんと主催するSzimpatikus Partyへ行ってきました。
イベントのページの紹介文を拝借すると、、、
“Szimpatikus(シンパティクシュ)”とはハンガリー語で、初めて会ったにもかかわらずビビビと反応するあの感覚を意味する言葉。
このイベントは日常を生きるみんなにときめきある出会い・時間をシェアするマーケット型パーティーだそう。
人、モノ、食、ファッションが出会いと交わりを通じて新しいクリエイションへと繋がっていく、そんな有機的な集まりです。

 

 

 

会場はこちら、RAKURO京都 THE SHARE HOTELSさん。
Yin Yang京都町家オフィスからもほど近い烏丸丸太町に今年の5月にオープンされたばかり。
京都を深く知り、より身近に感じてもらうための仕掛けが随所に散りばめられた独自のコンセプトのホテルです。
キッチンを借りてお料理できたり、ライブラリで京都に関する本を読んでくつろいだりと、泊まるだけではもったいない!
京都御苑もすぐ近く、ゆったりとした時間を過ごしたい方にオススメです。

 

 

<クリエイターもいろいろ。何を創り出す?>

 

出店者もお客さんも、集まる人たちもそれぞれの個性とこだわりがあって、全く似ていないのに、どこか似ているのが面白い、何かしらの才能を持った人ばかり。
今回の出店はこちらのクリエイターさんたちでした。

 

 

Maayaちゃんが紹介してくれているのが着物生地を再利用したポーチやクラッチバッグのブランドmikan。
廃材を利用して新たな価値を作り出すモノづくりに興味津々です。

 

 

左上) Ninaちゃんのアクセサリー&アパレルブランドFunny Qreature。 
こちらのアクセサリーの他、ビッグベレーやオールインワンの夏仕様のリネンが素敵でした。(写真撮り忘れました、ごめんなさい。)
 
右上) ニットデザイン&アクセサリーのブランドpirkatane。
デザイナーのタハラナミさんもいらっしゃいましたよ。
編機を会場に設置して実繊細なレースのような作品作りを実演されていました。
 
下) 美味しいスイーツのogawaya。
クリエイターのhitomiさんのフルーツを使った焼き菓子はどれもこれも魅力的。
イチジクのタルト風デザートを美味しくいただきました♪
 
京都にはクリエイターやアーティストがたくさんいて、独自のモノづくりをしています。
このように人と人が出会って、直感的に何かインスパイアされるようなイベントがあると、また新たな流れができるんでしょうね。
MaayaちゃんやNinaちゃんのような繋げる才能を持った人と同じ空間にいるだけで、アクションを起こしたくなる、そんなイベントでした。
Szinpatikus party、次回は8/14(火)にいつもの紫明会館にて開催です。
このブログでビビビと来た方は情報をチェックしてくださいね。
 
>> Szimpatikus Party ~ holiday in RAKURO
https://www.facebook.com/events/298319270917244/
8/14の情報はまだアップされていませんが、近日fbでSzimpatikus Partyを検索すると出る予定です。

スタッフ日記 09:30 comments(0)

Yoga Time.03:宮崎リトリート”Yoga Vacation”レポート

 

 

宮崎リトリート、Yoga Vacationを開催してきました!

台風が関西から九州へ移動する中、まずは無事にプログラムを完了できたことに大自然の神様へ感謝します。

余韻に浸りながら、ゲストの皆さんと過ごしたあの癒しと刺激的な数日を振り返ろうと思います^^

 

ピンク色の空

 

今回のリトリートは、ヨガから始まる1日から宮崎の緩やかな時間の流れに素直に過ごしてみようというインスピレーションで進み始めました。

ロケーションは時には快適な室内で、時には早朝の原っぱで、時には午後のビーチサイドのヤシの木の下で、といろんな場面でヨガタイムを体験しました。

 

ウエアは一足先にYin Yangの新作を☆

 

初日のヨガは自己紹介やこの旅をどんなものにしたいか、それぞれのお話をシェアしてからTriYogaの『大地と水のフロー』へ。

 

Yin Yang着用率、多し

 

ヨガの時間は日常の外へ出向く意識から、内側の微細なゾーンへと意識を向けて、自分の中の静けさと繋がります。

毎日続けることで、それぞれの「今」を感じることが積み重なって、それぞれのストーリーがこの旅の中で築き上げられていったんじゃないかなと思います。

 

宮崎の大好きなスポット、Cinema Heavenで朝ヨガ! この日は太陽の熱と海の波の音をBGMにTriYoga『火のフロー』。

 

食事は毎日veganのブランチパーティー!

 

宮崎フルーツと野菜の日替わりスムージー

 

 

エキゾチックなveganメニュー

 

この日は和風なveganメニュー。てまりおむすび

Cinema Heavenでveganランチを担当してくれたbeautiful chefs!

左からNeneちゃん、Juna、Naoちゃん

 

 

そして忘れられない豆腐クリームと桃とブドウのveganケーキ

こちらはCafe Zealさんにケータリングしてもらった日のもの。

 

ディナーはタイ料理(ベジメニューも対応していただきました)、最後の夜は少し足を伸ばして綾町のvaganレストラン『カフェ山猫』へ。

と食も大充実の旅になりました。

 

リトリート期間中、妹Ninaのブランド『Funny Qreature』とクレイファンデーション『arinomama clay』のポップアップショップも同時に開催しました。

みんなでクレイパックをしたり、ファンデーションを調合してもらったり、旅の思い出のアクセを選んだりと楽しい時間でした^^

 

 

リトリートの為にたくさんの人がサポートしてくれました。

ヨガマットやプロップスを準備してくれたり、ゲストの皆を送迎してくれたり、ゲストとスタッフの子供たち(なんと総勢11人!)をシッターしてくれたり…

ほとんどがボランティア(カルマヨガ)の心で動いてくれて、リトリートがスムーズに成り立ちました。

ありがとう。

 

Thank you Miyazaki!

 

love,

Maya

 

スタッフ日記 13:08 comments(0)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    ムシ。 (03/24)
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    平賀徳美 (03/11)
  • まもなく締め切り!アンバサダーの募集☆
    Kanako Premma (08/23)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS