YinYang Blog

ヨガウェアブランドYinYangの公式ブログ。バリと京都の現場から、ヨガとヨガウェアにまつわる最新情報をお届けします。
<< [出店情報] パークヨガfesta@JOYOに出店します! | main | YinYangアンバサダー齋藤純子さんの特別クラス。 >>

<スタッフの藍染挑戦日記>「草木染め」という呼び方。

<今週の蓼藍の様子 - 外の空気を満喫中>

 

こんにちは、ムシです。

 

今週の蓼藍は現状維持。地上の成長と言うよりは、 地下で根をはるのに忙しそうです。

 

今まで家の中でいわゆる温室育ちだったのが外のプランターにお引 越ししたので、環境の変化になれる期間というところでしょうか。

 

月曜日は初めて雨にさらされた蓼藍は少し寝そべり気味でまだまだ もやしっ子です。

 

来週は茎もしっかり太くなるといいな。

 

何か元気な植物をということで、 今回の染めに使う月桂樹の小枝を載せますね。

 

雨上がりの朝に収穫されたばかりの枝は少し濡れて光っていてとて も綺麗でした。

 

 

<草木染めという呼び方の由来>

 

前回のお話で天然染料と化学染料の歴史について軽く触れてみまし た。

 

今回は天然染料の中でも植物を用いた草木染めという呼び名につい てのお話を少し。

 

日本において"草木染め" と言う言葉が使われ始めたのは実はそんなに昔のことではなく、 昭和になってからのことです。

 

明治時代より化学染料が飛躍的に普及することで、 もともとあった天然染料による染めは衰退していきます。

 

何せ少量で染まり、安定した発色が可能で、退色がしにくく、 コストの安い化学染料は短期間でより多く生産できますから、 これは時代の流れとして当然なのでしょう。

 

大正から昭和初期にかけて盛んになった民藝運動の中で、 作家であり染織家の山崎斌(やまざきあきら) さんが化学染料の染めと区別し、 植物を用いた染めということを表現する言葉として"草木染め( 草木染)"という呼称をつけたそうです。

 

"草木染め”という言葉は登録商標として登録されていましたが、 息子の山崎青樹(やまざきせいじゅ) さんの代になり商標権を放棄され、 広く誰もが使える言葉となりました。

 

草木染めと呼べることは、山崎斌さん・ 山崎青樹さん親子の草木染めの復活や普及に対する思いの深さ・ それを愛好する人への配慮に他ならないということです。

 

また民藝運動というと柳宗理さんのお父さんの柳宗悦さんを中心と した日常使いの道具の用の美を再認知し、 手仕事の素晴らしさを伝える活動ですが、 改めて人の手が紡ぎだすものの温かみや自然の美しさを表現したも のがじわじわと広がるタイミングなのかもしれません。

 

 

<教えを請う喜びについて考えてみます>

 

先週にちょこっとご紹介した通り、 あたらめて草木染めをしっかりと学ぶために「ののはな草木染アカデミーインストラクター講座」に通うことにしました。

 

草木染めに関する知識とともに手を動かすことで体にインプットしていくべくいざスタート。

 

いやはや学生時代と違い、先生から学ぶという経験の新鮮なこと!

 

勉強したことがどこに繋がっていくのかが見えていたらもっとちゃんと頑張ったのにな、と大人になって久しい今になると( 多くの人が結構な確率で)思いますよね。

 

何はともあれ必要としている知識が得られる喜びは想像以上です。

 

日頃たくさんの情報の中にいますが、 その中から自分にとって必要なものを選ぶというのは意識しないと なかなかできないものです。

今まで点だったものが繋がって線になり、 実際のモノにリンクされると、ただの情報が知識となり、 経験を通して財産となっていきます。

おこがましいですけれど、私の目を通して、 読んでくださるみなさんが一緒に草木染めを体験して下されば幸い です。

 

 

<お待たせしました、草木染めスタート!でもまずは下準備から>

 

さて簡単に草木染めの工程をまとめますと、[下地処理] → [先媒染] → [染色] →  [後媒染]という4つに分かれています。

 

草木染めは色素とタンパク質がくっつくことで色を定着させるので すが、 例えば綿なんかは植物繊維のセルロースでできているため色が定着 しづらくそのままでは非常に染まりにくいのです。

 

対してシルクやウールなどと言った動物繊維はタンパク質を主成分 とするため、比較的容易に染めることが可能なのです。

 

ではセルロースに色素を定着させるためにどうするかというと、 セルロースの周りにタンパク質をまとわせる工程を行います。

 

その工程を下地処理と呼びます。

 

Yin Yangのバリラインでは下地処理に豆の煮出し汁のような自然由来のものを使用していますが、 個人でそこまでの原料を揃えて安定したものを作るのは難しいので 、一般的には染色助剤と呼ばれる薬剤を使用します。

 

今回の染めに使う素材はシルクのストールと麻生地2種類。

 

 

先ほどの話の通り、 シルクはもともとタンパク質を持っているので下地処理は必要あり ません。

 

麻生地2種類を染色助剤を入れたお鍋の中に下地処理をしたいもの を入れてグツグツぐるぐるすること1時間ほど。

 

 

ある程度の温度帯にならないと定着しないので、 お鍋は火にかけた状態です。

 

十分に生地にタンパク質を付着させることができたら、 さっと水洗いをしておきます。

 

すごく地味〜な作業ではありますが、 この工程がないと植物繊維を綺麗に染め上げることができない重要 なものです。

 

下地処理と並行して、染液作りを行います。

 

1つは前回お話に出てきた玉ねぎの皮です。

 

 

大量の玉ねぎの皮を布の袋に入れてお茶パックのようにして煮出し ます。

 

どんどんと色素が出てきて、 オレンジがかった濃い黄色の液が出来上がります。

 

もう1つが月桂樹の葉と枝です。

 

 

こちらも刻んで大きな袋に入れて煮出していきます。

 

先ほどの玉ねぎとは違い、 薄めだけれども発色の良い黄色の液が出来上がりました。

 

ひとまずこれで下準備の完了!

 

次回は染色の様子をお伝えしますね。

スタッフ日記 00:43 comments(0)
COMMENT









RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS