YinYang Blog

ヨガウェアブランドYinYangの公式ブログ。バリと京都の現場から、ヨガとヨガウェアにまつわる最新情報をお届けします。
<< [SALE] 夏のセールが最終値下げに! | main | [お知らせ] Pop Up Shop @石川・加賀にて販売会を開催! >>

<スタッフの藍染挑戦日記 vol21>板藍根とはなんぞや、大青について。

<今週の蓼藍の様子 - 台風にもめげず、成長中!>

 

こんにちは、ムシです。
日本を記録的な遅さで通過した台風5号。
各地で暴風・豪雨・土砂災害・川の氾濫など多くの爪痕を残しました。
まだまだ水かさの高い河川もあるかと思いますし、夏のレジャーで行かれる際には十分にお気をつけください。

皆様のお住まいや学校、お仕事場は大丈夫でしたでしょうか。
Yin Yang町家事務所は雨漏りすることもなく、スタッフ一同元気に過ごさせていただいております。
日常であることのありがたみをしみじみ実感しますね。

 

 

集中豪雨にさらされていたにもかかわらず、恵みの雨としてどんどん新芽が増える蓼藍たち。
ビジュアル的には先週とあまり変わらないものの、すくすく成長中です。
とにかく水が大好きなようで、水切れさせないように注意しながら二番刈りたちを見守ります。
それにしても葉っぱの大きさが一番刈りたちほど大きくなって来ないんですよね。
これは由々しき事態ですよ。
根っこが詰まってきたのか、土壌の栄養が少なくなってきたのか、何かしら対策はしなくてはいけないかもしれません。

 

 

<藍染染料の一種、大青のお茶>

 

以前に徳島の藍食文化について少し触れていましたが、蓼藍以外の藍染料となる大青(タイセイ/英名:ウォード)もまた染料以外の使い道があり、ポピュラーな生薬として利用されてきたそうです。
ただし原料は染めで使う葉っぱではなく、根っこの方。
大青の根を板藍根(バンランコン)といい、それを使ったお茶と飴を入手しました。
お茶は板藍根100%、飴は板藍根の他、甘草と桔梗根がブレンドされています。

 

 

大青はイギリスなどヨーロッパで藍染の原料として盛んに栽培されていたアブラナ科の植物。
こちらのパッケージにもどーんと載っているように菜の花と同じようなお花が咲きます。

 

 

日記用に写真を撮ると言ったら、ノリの良いMasaeねーさんが板藍根イメージガールに変身。
(今にも試食を勧められそうなそこはかとないセールス感が出ていますよね。素晴らしい営業魂です。)
ちなみに頭に巻いているものは先週末にののはな草木染アカデミーさんのインストラクター講座に行った際に蓼藍の生葉染めをさせてもらったシルクストールです。
蓼藍と大青のコラボの瞬間をここでみようとは。。。

 

 

<いざ!実食っ。>

 

さてさて、実際食べたり飲んだりしてみないことにはレポートできない、ってことでおなじみの二人も道連れにティーパーティ開催!

 

 

ポットに板藍根パックを入れて熱湯を注ぎ、待つ事5分。
焙煎したものなので、水色もほうじ茶やハーブティーと同じような印象です。
漢方としてはじっくりと煮出した方が良いみたい、次はヤカンでグツグツしてみようかな。
でも匂いが町家中に充満しちゃうかもしれませんねえ。
ともかくさあ、飲んでみましょう。

 

 

Tomoe:香りは香ばしくて良い香りです。漢方といえばどうしても「良薬口に苦し」ではありませんが、あまり美味しくはないイメージですがこちらは飲みやす〜い。
少しそば茶のような香りの高さも。
個人的には温泉を飲んでいるようなお味もしました。
想像してみてください…。
そば茶を温泉でグツグツ煮出した…そんなお味です!(個人的見解です)
マグカップ1杯いただいて気付きました。沢山はいただけません。
やっぱり個性的なお味です。慣れれば沢山飲めるのかな??

 

Masae:板藍根茶。お茶っ葉の薫りを嗅いで脳みそにきた第一印象は、きな粉。
香ばしくて甘い感じ。
お茶にするときな粉の風味は消え香ばしい後に苦味がくる…何かわからないけど、効きそう。
飴は酸味が強い爽やか味。
苦味を消す策なのかなと。
板藍根は寒性で体を冷やすものらしい夏に熱った身体にはいいのかしら…

両者とも”香ばしい”&”意外に飲みやすい”という感想が印象的です。
私としては、なんだかトイレに行きたくなったんですよね。。。利尿作用が高いのかもしれません。

なお生薬としての板藍根の効能は”解熱・抗ウィルス・解毒”などがあり、インフルエンザウィルスAやBの増殖を抑止する効果が研究報告されているそうです。
秋から冬にかけて飲むと良さそうですね。

 

 

<次の栽培日記候補か!?>

 

さてそんな(どんな?)大青ですが、どうもプランターで栽培できそうなのです。
しかも春と秋の2期に種まきができるという耳より情報も。
蓼藍の収穫が終わったら、次は大青を植えてみようかな。
藍染の方法としては蓼藍と同様に葉っぱを発酵させて行うようですが、もしかしたら同じように生葉染めができるのかという淡い期待をしつつ、第1弾の蓼藍も終わっていないのに次の野望に向かって進むのであります!

Yin Yangの夏季休業期間は8/11(金)〜8/15(火)です。
それではみなさま次はお盆明けにお会いしましょう。

あ!言い忘れた。
ここしばらくの間に町家事務所にお越しいただいた方にはもれなく板藍根のお茶と飴を摂取いただきます。
これはと思う感想をいただいた際にはもれなく日記でご紹介となりますのでご了承下さい。

スタッフ日記 16:24 comments(0)
COMMENT









RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS