YinYang Blog

ヨガウェアブランドYinYangの公式ブログ。バリと京都の現場から、ヨガとヨガウェアにまつわる最新情報をお届けします。
<< <スタッフの藍染挑戦日記 vol46>草木染め社外研修(2)-何色に染まる?紫根・紫檀 | main | <スタッフの藍染挑戦日記 vol47>草木染め社外研修(3)-藍染あれこれ >>

<バリ島便りvol.02>2017年クリスマス孤児院訪問

 

 

Selamat siang!(スラマット シアン:インドネシア語でこんにちは)
雨季のバリ島からゆーやんです。
久しぶりに太陽が出た貴重な休日は東海岸のサヌールに最近出来たというビーチクラブ(https://www.artotelbeachclub.com)へ行ってきました。

 

 

木をそのまま使用した遊具があったり浅瀬のプールもあり子連れにも最適なビーチクラブでした。

そんなバカンスな1日もお手軽に味わえるバリなのですが、先日、集中豪雨でバリ島は大洪水。
毎年何度かは大洪水になるのですが、今回は結構被害が大きそうです。
洪水の原因は集中的な豪雨だけではなく、土地の低さや水はけの悪さや、下水にゴミが溜まっているせいです。
根本的な問題を解決しないまま時が過ぎてゆくのみ。
大きな問題が山積みにされているのが現実のバリ島。
SNSで投稿されていた友人の写真をお借りして状況を共有させてもらいます。

 

 

 

 

<クリスマス、バリ島孤児院訪問>

 

昨年末の話になるのですが、毎年恒例クリスマスに届ける寄付のため孤児院へ訪れました。
今回の場所は、Dalungという地域の住宅地にある施設RUMAH AMAN BAGI WANITA DAN BAYIへ行かせて頂きました。

 

 

ゼロ歳から10歳までの男女11名が生活し、今回は寄付金と文具やお菓子と個人的に寄付と息子のオモチャや綺麗な古着を届けて来ました。
あいにく子供達はセレモニーの為教会へと出向いていたので数名しか会えませんでした。
ここでは働きに出たいけど子供を預ける為のお金の余裕がないママが保育園として利用する人も受け入れているそうです。
預けるのは無料ですが受ける側は大変な事だと思う。
日本での待機児童問題のことを思うとなんて素晴らしいシステムを個人で作っているのかと感動すらしますが、同時に心配でもあります。
本当にそれで運営して行けるのか。
運営は現地の人でしたがオーストラリア人のサポートがあるそうで、やはり外国人が居るだけでプロモーションが上手なのか、見た感じは設備や文具や遊び道具など潤っているようには見えました。そして一人一人にもスポンサーが付いているそうです。

 

 

スタッフは英語も堪能だったりと優秀で、二人しかいない為ご飯の準備や洗濯だけでも大変だと言ってました。
仕事だったら週に休みもあるし長期休暇もあるけど生活を支えることになるので無休なのです。
運営は全てドネーションで賄っている為、お金が足りない月もあるのでやりくりもギリギリとのことでした。
やはり潤っているように見えても現状はそうじゃ無いという現実的なお話を聞くことが出来ました。
これからも私たちに出来る事を探してコミニュケーションを大切にして少しでも力になれればと思います。

 

 

バリ島には知られている孤児院からそうではない孤児院まであります。
外国人は養子縁組を認められてない為家族になれなかったり、ローカル同士でも宗教の問題で審査も厳しいという話を聞きました。
政府からの援助ももらえないと聞きました。
そうなると寄付金に頼ることしかできず、子供達が大きくなれば勉強をしたくても働かざるを得ない状況になります。
どこの孤児院も殺伐とした雰囲気は全くなく、みんな元気で明るくて、どちらかというと温かい大家族という感じが伝わって来ます。そしてこうして私達のような外国人が訪れることも多いので、コミニュケーションがとても上手。

 

 

中にはスポンサーから私立の学校へ通わせてもらい優秀な子供もいたり、大きい子は小さい子の面倒を見るのは日常で、そうやって育つから助け合うことが当たり前というのが自然と身についているように感じます。
もちろん良いことばかりが目につくわけでも無いです。実の親からの愛情を受けれないという事実は確かにあるのです。
人が育つ上で一番大切とされる愛情。それは実の親でなくとも、そこで生活する人達から受け取れるものだと学ぶためやはり特殊なこと。
世間では我が子を虐待したりと恐ろしいニュースが絶えないけれども、そんな親の元よりも遥かにこのような施設の方が愛が溢れているのではないでしょうか。人からの助けを感じることが出来る子供はやがて目の前に困った人が居ると必ず手を差し伸べると私は思います。
声を出して助けて欲しいと言えて、それを感じて行動できる世界でありますようにと。。。
孤児院へ訪れるたびに、沢山の事を教えてもらえています。


<今回訪れた孤児院の詳細>

RUMAH AMAN BAGI WANITA DAN BAYI
Dalung Permai,Block L3/54, Lingkungan Surya bhuna
+62 361-900-4629
https://www.facebook.com/balimotherandbabyhouse/


 

スタッフ日記 08:57 comments(0)
COMMENT









RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    ムシ。 (03/24)
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    平賀徳美 (03/11)
  • まもなく締め切り!アンバサダーの募集☆
    Kanako Premma (08/23)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS