YinYang Blog

ヨガウェアブランドYinYangの公式ブログ。バリと京都の現場から、ヨガとヨガウェアにまつわる最新情報をお届けします。
<< <スタッフの藍染挑戦日記 vol47>草木染め社外研修(3)-藍染あれこれ | main | <スタッフの藍染挑戦日記 vol49>研修後のお楽しみ♪藍染エコバッグに一工夫を。 >>

<スタッフの藍染挑戦日記 vol48>草木染め社外研修(4)-いざ藍染実行!(当然、ビシャビシャです)

 

こんにちは、ムシです。
記録的な寒波に各地で被害が相次いだ先週でしたが、皆様のお過ごしの地域は日常が戻りましたでしょうか。
私の実家の福井でも30年以上ぶりの大雪に見舞われ、雪に慣れている地域にも関わらず事故が相次いだりと大変だったとのことです。
普段の暮らしがいかに貴重なことなのか実感しますね。

さて今週は前回の社外研修-藍染編の続きからお送りします。
チームYin Yang(+高橋先生)の大騒ぎの講座、リアル感が伝わりますでしょうか。

 

 

<藍染の染料いろいろ>

 

 

藍染を行うには前回ご説明しました、インジゴになる成分を持つ植物から色素を抽出することになります。
例えば徳島の藍建ての場合は蓼藍の葉を発酵させた蒅(スクモ)を作り、それを専用の甕に入れて染められる状態にすることになります。
昔は蒅をより保存性の高い状態にするためにすりつぶして藍玉にしたそうですが、現在は蒅の状態で流通されているとのことでした。
 
インド藍の場合は葉を水につけて色素を沈殿させ、水分を抜いてブロック状にして乾燥・保存したものを水に溶かして染められる状態にします。
上の写真はまさにそのブロックの状態。
インジゴ色素の含有量とともに、このブロック状で持ち運びができるというのは輸出などにもとても向いていたのでしょうね。
 
また沖縄では琉球藍を水につけて発酵させ沈殿物作り、それを用いて染めを行います。
こちらは泥藍の名前通り、泥状の絵の具のようなものになります。
そのまま筆にとったら絵が描けそうないい具合の濃度でした。
 
それぞれ形状は異なりますが、インジゴの色素としては同じものになります。
ちなみに合成された科学染料であるインジゴピュアーも化学式としては全く同じものになり、それぞれに違うのはインジゴの色素の量とともにそれ以外の葉っぱに含まれる色素が大きく作用するとのことでした。
すなわち蓼藍の場合はインジゴの含有量がかなり少ないので濃紺にするにはそれだけ染める回数を増やして色を重ねていく工程が必要ということとともに、葉っぱの中の他の色素が定着してネイビーよりも緑味のある色になります。
ジャパンブルー、手間ひまかかっております。

 

 

<藍染のプロセスについて>

 

さて藍染の工程については以前にも軽く触れておりましたが、他の草木染めとは全く異なったものです。
草木染めはたんぱく質に色素を結合させ、金属で媒染という作業をすることにより水に解けない性質に変化させることで染色を行います。
それに対して藍染はと言いますと、酸化しているインジゴを還元してインドキシルという水溶性で染まる物質に変化させ、布などに吸着させたのちに、再び酸化させてインジゴにすることで染色を行います。
酸化→還元→酸化、という流れです。
 
藍建ての場合は蒅を微生物の働きで還元させて染められる状態をキープしておき、染色を行った後に空気に触れさせて酸化を促します。
藍甕の形は口が狭く作られていて、建てた液が酸化しづらい構造になっているそうです。
今みたいに科学的に立証された方法を知っているわけではないのに、すごく理屈に合った形状に作られているなんて、先人の知恵、素晴らしい!!

 

 

<いざ藍染作業!>

 

 

上の左側の写真はインド藍のインジゴ液を還元した状態のもの。
還元されていると青色ではなく蛍光に近い黄緑色になっています。
そこに染めるものをそっと浸していきます。
草木染めは途中で染め液から引き上げて色味を確認して薄ければ染め液でチャプチャプができますが、藍染の場合はこの不透明な黄緑色の液体の中に入れて吸着するのをしばし待ちます。
何度も出し入れすると、空気にさらされた部分から酸化していってしまうため、綺麗に仕上げることができません。

 

 

さて十分に色素を吸着させたら、ここからはスピード勝負!!
ざざっと水洗いを行い発色させていきます。
そのちゃんの安定感のあるスクワット〜!力強い動きに惚れ惚れしますねえ。
みるみる黄緑色だったものが酸化されて藍色になっていきます。
ここに来て初めてどのくらいの濃さに染まったのかがわかるというドキドキ感たるや、、、
まああれですね、本番の染めの前に、何か布切れでも染めてみてどれくらいの発色になるのかを試される方が安心して藍染を楽しむことができるかと思います。

 

 

染め上がったものはこちら、エコバッグです♪
田中直染料店さんの実習室は天井まで余すところなく染めに便利に作られておりまして、このように干すためのワイヤーまで設置されておりました。
家でやったらただの部屋干しに見えちゃうんでしょうけどね。
ちなみにこのエコバッグ、濃紺でかなりかっこいい仕上がりになっています。
もう一手間加えて近いうちにプレゼント企画ができるかなと画策中です。お見逃しなく☆

 

 

<2018春夏コレクションがリリースされました♪>

 

 

先週よりいよいよ新作がリリースされました。
今のところの一番人気はエアーフローイングパンツですね。
次いで写真のグラデーションレギンス
どちらもYin Yang Baliラインのアイテムです。
ヨガの定番のレギンスも楽園バリの草木染めで一味違うコーディネートが楽しんでいたけます♪
しっかり厚みのあるオーガニックコットン生地を使っていますから、後ろ姿も安心♪

 

 

こちらは広島県・福山市にあるYin Yangのお取り扱いをしてくださっているオフィスプロスタジオさんの本社にお伺いした時に撮らせていただきました一枚。
ピラティスとヨガのクラスを行うスタジオSYANIとヨガウェアやグッズを取り扱うショップが併設されています。
ご覧の通りべっぴんさんと男前揃いで皆さんとっても穏やかな雰囲気で和ませてくださいますよ。
Yin Yangの実物を手に取ってみたいという方は是非お訪ねくださいませ。
 
Studio Syani
〒7210961 広島県福山市明神町1-8-28
TEL 084-928-8825
http://www.pro-studio.jp/syani.html
 

スタッフ日記 10:43 comments(0)
COMMENT









RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    ムシ。 (03/24)
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    平賀徳美 (03/11)
  • まもなく締め切り!アンバサダーの募集☆
    Kanako Premma (08/23)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS