YinYang Blog

ヨガウェアブランドYinYangの公式ブログ。バリと京都の現場から、ヨガとヨガウェアにまつわる最新情報をお届けします。
<< <スタッフの藍染挑戦日記 vol48>草木染め社外研修(4)-いざ藍染実行!(当然、ビシャビシャです) | main | <スタッフの藍染挑戦日記 vol50>Yin Yangな人々(1)Maaya >>

<スタッフの藍染挑戦日記 vol49>研修後のお楽しみ♪藍染エコバッグに一工夫を。

 

こんにちは、ムシです。
抜けるような青空が美しい京都、日1日と暖かさが増して春までもう少しですね。
暦の上ではとうに立春・旧正月を過ぎたというのに寒の戻りの厳しい時期でしたから、ようやくの日和にほっこり。
ファンヒーターが熱く感じる日が来るなんて〜と妙な感慨に耽っております。
平昌オリンピックネタで盛り上がるYin Yang京都町家オフィスでは2018春夏のKyotoラインのパーフェクトレギンスが納品され、もう少しで全ラインナップが揃います♪

 

 

<藍染にワンポイントを入れてみましょう>

 

 

先日の研修で藍染を行いましたエコバッグはムラのないとても美しい紺色に仕上がりました。
そのままでは少々面白みに欠けますから、ワンポイントを入れてみることにしましょう。
以前に栗のイガで染めたエコバッグの際には、着抜という媒染に使用した金属を置き換えることで発色を変化させる技法を使用しましたが、今回の藍染では濃紺に染められた生地に白抜きをする抜染という技法を行います。
 
ここはやっぱりわかりやすくYin Yangのロゴマークでしょー!ということでロゴを切り抜いた型紙を用意します。
上の写真に映っている茶色の紙が型紙で、ロウ引きの紙のように撥水性を持ったコシのあるものです。
本当はこのロゴのようなデザインの場合は型紙にメッシュの生地を貼り付けて使うことできちんと位置合わせを行います。(が、ないので直感で切り抜いた要らない部分を置いて位置確認・・・)
 
そして型紙の上にある瓶が抜染剤です。
こちらを使うことで酸化しているインジゴを生地から抜き取ることができるという優れものなんですよ。
筆などで扱いやすいように専用の糊に混ぜて使用します。
今回は言うなればステンシルと同じで型を置いた上から筆やスポンジでトントンと叩き込むことで生地に抜染剤を塗布しました。
 
余談ですが改めて瓶の裏面の説明書きなどを読むと、研修でお世話になった高橋先生が書かれたんだろうなあという目線で見てしまって、ちょっとニヤニヤしてしまいます。
いや〜真面目な話、インド藍の藍染セットなどに同封されている藍染の方法を読み返すとめちゃくちゃ詳しく書かれていて、たゆまぬ研究の成果が凝縮されて詰め込まれているのがわかりますし、それ以上でもそれ以下でもない適正な説明に感動します。
スタッフみんなでこのような学びができたことは本当にありがたいなと思いますし、それをきちんとユーザーの方にも還元していかないといけないなとピリッと引き締まった気持ちになります。

 

 

<糊付け後はしばし休憩>

 

 

さて、塗布した後は乾燥待ちです。
ここでもファンヒーターくん大活躍!ぐんぐん水分をとばしていってしっかりと固着させておきます。
乾燥が進むことでようやくきちんと糊置きできているところとそうでないところがわかってくるため、気になるところがあれば修正
していきます。
とはいえ糊を置いたところは除きようがないので、薄いところを濃くするくらいしかないから、いかにそれぞれの段階で丁寧に作業を進めるかが大切かしみじみ嚙みしめるわけです。反省。(やっぱりね。)
この後、スチームアイロンをあて反応させてから糊を水洗いで落としていきます。

 

 

はい、こちらが完成したエコバッグです。
あっ、拡大してみたらダメですよ、ちょっと薄眼ぐらいで見てもらえたらいいかな。
ともあれ無事にロゴマーク入れ完了です。
濃紺に生地の色目が際立っていい雰囲気になりました。
絵心のある人が筆で描いたら面白いものができそうです。
と、町家オフィス内を見回してお仕事しているみんなにちょっぴりウザがられるのでした。ふふふ。
でもきっと近日中に他のみんなの作品が見れるはず♪お楽しみに♪

 

 

<2222いいね!ありがとうございます>

 

 

おかげさまでYin Yang公式Facebookページが2,222いいね!をいただきました。
これもひとえに皆様からご愛顧いただきました賜物です。
そこで感謝を込めて2月22日から2月末日までキャンペーンを開始しました♪
春夏の新作や定番はもちろん、セールにも使えるクーポンをお届けいたしますので是非ご活用ください。
 
いや〜、しかし2月って本当にあっという間ですよね、気がつけば来週には3月突入です。
うるう年ならあと1日多いのにななんて考えつつ、1日1日じっくり味わわないといけませんね。
それではまた来週!

スタッフ日記 09:49 comments(0)
COMMENT









RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    ムシ。 (03/24)
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    平賀徳美 (03/11)
  • まもなく締め切り!アンバサダーの募集☆
    Kanako Premma (08/23)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS