YinYang Blog

ヨガウェアブランドYinYangの公式ブログ。バリと京都の現場から、ヨガとヨガウェアにまつわる最新情報をお届けします。
<< <スタッフの藍染挑戦日記 vol49>研修後のお楽しみ♪藍染エコバッグに一工夫を。 | main | TriYogaの旅 Tokyo >>

<スタッフの藍染挑戦日記 vol50>Yin Yangな人々(1)Maaya

 

 

こんにちは、ムシです。
今日でとうとう2月が終わりますね。
大寒波、インフルエンザの大流行(我が家は再び渦中です。)、平昌オリンピックと慌ただしく過ぎていった感のある月ですが、明日から3月スタート!!!(そりゃもうビックリマークいっぱいつけたくもなります。)
Yin Yang2018春夏の全ラインナップが出揃いましたのであとはみなさまにお届けするばかりです。
皆様はどのような2月を過ごされましたか?
そしてまた3月も年度末で何かと気ぜわしい時期ではありますが、ヨガを身近に、一時一時が楽しい時間になりますように願っています。
 
さて今回の日記では、Yin Yangに関わる人たちそれぞれにスポットをあてるインタビューの第一回目としてイメージモデルのMaaya(以下マーヤ)ちゃんに登場してもらいました。
モデル・ヨガインストラクターとして活躍するマーヤちゃんの普段の姿を身近に感じていただけたらと思います。

 

 

<インタビューは突然に。>

 

 

ムシ) 今日は突然にインタービューをお願いしましたがよろしくお願いします。

 

マーヤ) なんか改めてこうやってインタビューてなるとドキドキするね。
よろしくお願いします。

 

ムシ) ふふふ、本題に入る前に聞いてみたいんだけど、この前の藍染講座はどうだった?

 

マーヤ) 頭の使い方の違う勉強だった!新鮮な時間だったなと。
一番印象的だったのは「染色は科学」っていうところ。
芸術作品を作る場合はその時に出る色を選ぶことになるんだろうけれど、Yin Yangのやっているのはそうじゃないから、同じ色を作るためには科学を少しでも理解していないと難しいのかもって。
普段使わない日本語がいっぱいだったから慣れるまでちょっと大変だったかな。
見えている部分だけじゃなく裏側の事を知ることで、長く続けていけるのだなあと思います。
バリで作っている草木染めなんだけど、日本で勉強してよりいいものを作る、そういう"ものづくりを知る楽しさ”を日本の人に向けて発信できるのっていいよね。

 

 

<続けるってすごい!思えば長いおつきあい。>

 

 

ムシ) まあやちゃんにはYin Yangのかなり初期からイメージモデルをやってもらっているよね、いやー、結構な長い付き合いになりましたな。

 

マーヤ) えーっと、9年⁉︎こんなに長くなるとは!笑
イギリス留学から帰国して、自分のやることに関して責任感を育てるという思いで過ごしている中で、結婚・妊娠・出産という流れになってて。
育児中にヨガするようになって、最初はスポーツウェアを着てやっていたんだけど、スタジオに通い始めた時にYin Yangと出会ったんです。

 

ムシ) Yin Yangと関わる中で変化したことはあった?

 

マーヤ) ヨガを通して、Yin Yangを通して、長く何かを続けるって大切だなって。
イギリスでは仕事は生活の中のほんの一部で、それ以外の部分で楽しむ感じなんだけど、日本って生活の中心に仕事がある事で実りが多いような気がするの。
生活を整えたいというところからヨガをするようになって、子育てにも仕事にも向き合いやすくなったかな。

 

ムシ) まあやちゃんはモデル・ヨガインストラクターとして活動しているし、ずっと仕事をしながらの育児だもんね。
最初のYin Yangの撮影の時には娘のRitaちゃんは赤ちゃんだったし。

 

マーヤ) そうそう!Ritaが1歳ぐらいの頃。
Yin Yangはその頃まだケミカル染めだったよね。
ケミカル染めからオーガニックコットンや草木染めへ変わっていって、自分がその近くで参加できるのは嬉しい。
自分らしい服を着られて、自分らしさを選ぶものがあるのっていいよね。
仕事か育児をしていてもちゃんと中心に自分があって、よりリラックスできるようになったと思う。
続けることでバランスのよさ、いい意味での吹っ切れ感を感じられるようになったかな。

 

 

<最近の楽しみ、興味のあることってなに?>

 

 

ムシ) そうだね、この10年でたくさんヨガウェアのブランドさんが立ち上がったもんね。
ヨガをする時にはヨガウェアっていう決まりもないんだけど、やっぱり着ているものって影響あるもんね。
他には何か変化ってあった?

 

マーヤ) 私の中では去年のリトリートで今までにあったあれしてみたい、これしてみたいっていうことが実現したから、やりきった感があって。
最近はトゥリヨガのワークショップで東京へいく機会があって新鮮な気持ち。
東京の生徒さんはヨガに熱心に向き合っている印象で、多分仕事やいろんな場面で常にコミットメントしているのかな。

 

ムシ) 東京いいよね〜!関西とはまた違う刺激があるし、いろんなものを感じられるというか。

 

マーヤ) そうそう!中高生の時も結構東京に遊びに行ってたし、友達に会うのも楽しみで。
で、移動の時に最近ためていた本を読んでいて、その中に「エッセンシャル思考」っていうのがあるんだけどね、簡単にいうと"99%のどうでもいい事ではなく、1%に集中する"って内容なの。
全方向にベクトルを向けるんじゃなくて、一方向にどーんと太くて長い矢印を伸ばす

 

ムシ) そうだよね、両手いっぱいに全部持ってたら本当に欲しいものって持てなくなっちゃうもんね。
きちんと選んで、感度をあげてたらチャンネルの合うものがキャッチできるし。

 

マーヤ) うん、大事だよね。意識するようになってから、その時その時に会うべき人が登場するし、いい出会いをよくするなって思う。
新しいことが起こってもチャンスを逃さないしね。
ピンポイントでいろんな面白いことが起こるんだけど、共通している事はいつも感動があって感謝の気持ちがわく出来事ということかな。
これから何が起こるのかをわからないけど、どれも受け入れて楽しめるよ。

 

ムシ) まあやちゃんは妹のニーナちゃんとSZIMPATIKUS(シンパティクシュ)っていうマーケットイベントをやっていて、そこでも新しい出会いがあるもんね。
妹のニーナちゃんもモデルさんであり、自分のブランドでものづくりをしていて面白い姉妹だよね。

 

マーヤ) ニーナとマーヤは似ているって言われることも多いんだけど、基本的に別のところを攻める感じかな。
すごく近いから重なる部分もあって、そうなるとぼやけちゃうからあえて同じことをしないように。
お互い常に何か模索しながら刺激しあっているよ。

 

 

<これからの10年、未来予想を聞いてみる。>

 


(お友達のAkemiちゃんのベビーと)

 

ムシ) さて、ここまでが今までの10年の話だけど、これからの10年ってどうなると思う?

 

マーヤ) これからの10年?
Nico(息子)が小学生になって、今は子供中心から自分中心へ戻っているんだけど、改めて子供たちに向き合って行こうかな。
いずれは子供達を連れて一年間スコットランドに行くつもり。
私が留学していた時とは変わっているだろうけれど、同じように様々な経験をさせたいな。

 

ムシ) おお!結構な変化がありそうだね。
まあやちゃんの行っていた時代とどう違うのかな、楽しみだね。
絶対にここに住まないとダメだってこともないから、行きたいところにいって好きなことをして面白く過ごせたらいいよね。
今後ともYin Yangを楽しんで行きましょう!
 
ということでイメージモデルのマーヤちゃんのインタビューをお届けしました。
Yin Yangの人たちはそれぞれ個性があって、考え方も様々です。
さあ次は誰に突撃インタビューをしようかな?
今後ともどうぞお楽しみに。
それではまた来週♪

スタッフ日記 15:52 comments(0)
COMMENT









RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    ムシ。 (03/24)
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    平賀徳美 (03/11)
  • まもなく締め切り!アンバサダーの募集☆
    Kanako Premma (08/23)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS