YinYang Blog

ヨガウェアブランドYinYangの公式ブログ。バリと京都の現場から、ヨガとヨガウェアにまつわる最新情報をお届けします。
<< Yin Yang京都町家日記vol05:展示会にお越し頂きありがとうございました。 | main | Yin Yang京都町家日記vol06:ノベルティ日和 >>

バリ便りvol05:草木染めの可能性を求めて

 

<苦労の果てのアースリネンドレス>

 

 

今期で3度目のリバイバルになる大人気のアースリネンドレス。
リネン&コットンの素材が涼しく軽やかで心地良く、ゆる〜いシルエットで着こなしも自由自在♪
そんなアースリネンドレスには苦労話がありました。

アースリネンドレスに使用している生地は染めるととても縮みます。
最大限の縮みを防ぐためには先に生地をお湯で洗い乾燥させます。
それでもお湯や水で染める工程を何度も繰り返すためさらに縮んでしまいますが、とてもありがたいことに、その少しのバラつきは手作りの風合いとしてご理解を頂いています。

 

 

<エアーブラシという草木染め技法>

 

 

染め工場でこの技法を見た時とても衝撃的でしたが、それと同時に私の中の草木染めの可能性を広げてくれました。
草木染めって何度も何度も染め液に浸して色を重ねてゆくイメージ。
1度で濃い色を染めると色むらの原因になるので手間をかけてゆきます。
ところがその概念を覆されたかのように、エアーブラシに濃い染め液を入れて布に吹き付けてゆき柄を出してました。

 

 

生地の上にレースを置いて上から吹き付けてゆきます。
するとそのレースの模様の染めに仕上がります。
という事は色んな模様を作る事が出来るのか!!と、感動してすぐにサンプルを依頼!!
新らしい事を見ると黙ってられません!

 

 

<試行錯誤の草木染め>

 

どんな柄にするのかまずは柄のベースとなるレースを探しました。
バリ島の民族衣装はレースで作られているためレースの種類が豊富です。
沢山あるレースは乙女チックなお花模様が主流で私たちがピンとくるものは少なく、その中でもしっくりきたものをいくつか選んで試す事にしました。
模様によっては上手く色が移らず柄が出せなかったり、見え方が綺麗に出なかったりで、サンプルを上げること数回。
なんども試作を重ね、最終的には納得のいくものを仕上げる事が出来ました。

 

 

今期も売れ行き好調なアースリネンドレス。
上品な色の組み合わせは、肌の色や体型もどんな人にも似合う『人を選ばないデザイン』です。
3色展開で絶賛販売中です。
アースリネンドレス特集も是非ご覧ください。
http://shop.yin-yang.jp/?mode=f16
 

スタッフ日記 09:53 comments(0)
COMMENT









RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    ムシ。 (03/24)
  • <スタッフの藍染挑戦日記 vol51>アルスシムラ卒業制作展に伺いました。
    平賀徳美 (03/11)
  • まもなく締め切り!アンバサダーの募集☆
    Kanako Premma (08/23)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS